54h45hjhwhwh5wh



SPONSORED LINK 



概要


なぜ日本には自販機が多いのか

自販機が23人に1台はある。自販機の多さでは世界一だ。

自販機はどこにでもある。

日本は高齢化社会だ。平均年齢は46歳で、これは世界平均の約2倍だ。

しかも出生率は1.4。人口は減少傾向にある。


この数値からぼんやりと危機がみえてくるだろう。

労働市場は高いが、高いスキルを必要としない単純労働者は不足気味だ。

そこで、ただ座ってお金をやり取りするだけの人員を雇う代わりに、自販機で何でも買えるようになっている。

不動産市場でも同じことが言える。

日本は世界でも人口密度の高い国だ。93%が都市に住んでいる。

このため日本人はとても小さいアパートに住んでいる。

店を構えるよりも、小さな路地に滑り込ませておけばそれだけでもいい利益を得ることができる。

日本の経済学者のエッセイによると、自販機の存在の理由はロボティックスへの魅了や執着だと分析している。

確かに、日本では何でも自動化している。ラーメンの食券機もある。

自動化できるシステムは何でも自動化するのが普通の流れなようだ。

タクシーの自動ドアもある。


一方で、手作りの良さを売っている場所もある。

いい例は、7年営業している、あるコーヒー店だ。手で挽いて丁寧に入れてくれる。

自販機の多くは硬貨だ。クレジットカードを受けてくれるものは今のところない。

でも、ポケットの硬貨を入れて美味しいおやつを手に入れるものに勝る満足感はない。

個人的には温かい緑茶が好きだ。とても温かくて自分が幸運を手に入れたと思える。

日本は、高齢化社会で労働賃金は高く、ロボットが大好きでポケットに硬貨がたくさんあり過ぎる国だ。




■引用元
1


SPONSORED LINK 

海外の反応


・僕にとって楽園のようだ。

・自販機にコインを入れるのは、なぜだか本当に満足感があるよ。

・多分、誰にも会わなくても買えるっていうのもあるんじゃないかな。私はその気持ちわかる!

・USに同じ自販機を置いたら、次の日には壊されているね。

・自販機の人気は高齢化社会とは関係ないよ。人気が出たのは70年代から80年代で、その時の人口はピークだった。

・動画に出てきた小さなアパートは、カプセルホテルだと思う。

・人口減少は問題だ。日本人が全滅してほしくない!

・次の旅行にどこに行くかが分かったよ・・・みんな日本に行きたがる。

・自販機でスイカなどのキャッシュカードは使えるよ。

・日本人はシャイな文化だから、人との接触がないということも貢献していると思う。

・僕は日本に住んでいるけど、全てが素晴らしくて便利だよ。

・機械が私たちの仕事を取っていく・・・

・なんで僕の国に自販機がないかというと、自販機自体の安全性が確保できないからだ。

・低い犯罪歴も自販機の多さの要因の一つだと思う。

・これが僕が日本の文化を好きだと思う理由の一つだよ。こういう所に、彼らが何かを作るときに完璧にしようと努力していることが伺えて、一つの側面を無視したり犠牲にすることなく両立しようとしている。




ひとこと


現金社会なのはホントそうですよね


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK