ouaehrbiuaehiubraehuih483989



SPONSORED LINK 



概要


日本で100歳を超す高齢者が68,000人以上を記録―経済は耐えられない


日本の厚生労働省が発表した最新のデータによれば、100歳を超す高齢者の数がこれまでの最大記録を塗り替えました。朝日新聞によると、正確な数字は67,824名とのことです。


百歳以上の人々は、医療科学の世界において驚くべき存在です。ですが日本では、広がる長寿が経済の重荷になっています。



日本が持つ問題

日本では、65歳以上の年齢層が高い割合を占めています。これと出生率の低下を結びつけると、数が減っている若者が高齢者に関連する費用を支払うことが難しくなってきていることがわかります。


ここ数年間、日本のGDPが数兆円規模で失われており、人口は約100万人減っています。もしもこのまま人口減が進めば、経済の下降は深刻で、社会構造も壊れてしまうと専門家は指摘しています。


”これは家族の死です”ハーバード大学の社会学者であるメアリー・ブリントンはビジネスインサイダーのインタビューにこう話しました。



際立つ高齢化

1971年、わずか339名だった100歳以上の高齢者数は、そこから年々増え続け、昨年の政府データによれば65,000人以上です。一方、今年で47年連続、人口が127,000,00人を割り続けています。


アメリカは100歳以上の高齢者の数をキープしていますが、それはその巨大な人口数のためです。日本の約3倍の人口がありながら、アメリカの1人当たりの高齢者の割合は、日本の半分よりも少ないのです。


実数で比べてみても、日本の100歳以上の高齢者数は最も多い国よりも数千人少ない程度。人口動態の傾向は、日本はかなり早くに高齢者数トップランキングに入ってくるであろうことを示しています。


世界的に高齢化が進んでおり、ピュー研究所の出したデータの解析結果によれば、2015年では450,000人いた100歳以上の人数は2050年までに3,600,000人までに増加する、とされています。


1963年から、日本では9月15日を敬老の日としています。100歳を迎えた高齢者には、政府から銀メッキ製の杯とお祝いのお手紙が送られます。


2016年までは本物の銀製のものが送られていましたが、2014年に29,000人の人に贈る杯に2,100,000ドルが支払われたことを受け、政府は費用が安い銀メッキ製に変更することを決めたのです。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・長生きすることを問題にすべきではないよ。問題は、経済システムにあるよ。





・高齢者の人々も仕事をした方がいいんじゃない・・・?





・ええっ、そんなに深刻なの!??問題を大きく言ってるんじゃなくて??ほんと??





・人種問題にも通じてると思う・・・。日本社会はもっと新しい移民を受け入れるべきだと思うよ。で、仕事をさせて、税金を支払わせて、日本国民にしたらいいと思う。





・↑ いやいや、すでにインドやフィリピンの若者がたくさん日本へ働きに行ってるよ。





・人々ではなくて、システムに問題ありだね。





・100歳前にどれくらいの人々が亡くなっているんだろうか??





・僕の故郷の都市みたいだ・・・。ものすごく高齢化しているよ。





・日本はちゃんと高齢者たちをケアしているんだろうか・・・。





・長生きするにしても、生きがいが大切だよね・・・。





・なんだか読んでいて悲しくなったよ。





・高齢者がどうのよりも、先ずは出生率を増やさないと・・・。





・100歳かあ・・・。そんなに長生きするのは、私自身は辛いな・・・。





・日本にはそんなに100歳の人っていないんじゃないかな・・・ただ単に、届け出がされてなくて、数えられてないだけだと思う。





・その人たちの人生の長さを足してみたら、約7,000,000年!!!すごーーーい!





・この問題をなんとかするために、ビデオゲームで、どうやって国を成長させるかを若者に学ばせるってのはどう??日本ならできそう・・・。



ひとこと


かつての機会工場のように一時的な移民からのロボットへの移行になる気がしてます


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK