8t87y79t87t87t



SPONSORED LINK 



概要


日本人写真家の家はミニマリストの夢

フォルム・木村浩一建築士は、滋賀に究極といえるミニマリストの夢の家を建てた。

これはある写真家のために造られ、スタジオと全てが白いギャラリーをもって完成されている。


家はモルタルと亜鉛メッキスチールでできており、木製のアクセントを使って清潔で心地よい雰囲気を与えている。オープンプランのレイアウトによってスペースが増え、同時に自然光を使うこともできる。これは写真家にとって不可欠だ。

神社の向かい側にあるこの近代的な外観は、古風な環境と対照的で、日本の多様な建築景観を見ることができる。上記の家の画像を見てみよう。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・こんな家を自分のために建ててみたい!

・日本+写真家+ミニマリズム=夢!いいなー。

・私たちが結婚したら、こんな家に住んでみたいわ。

・これはいいね。ミニマリストの友人が泣いてほしがるよ。

・おお!これこそ夢の家だ。これと同じの建てないと!

・これこそミニマリストの家があるべき姿だ!

・貧乏であるよりもミニマムではないね・・・欲しいけど。

・私が見た家の中で一番美しい!

・この家に恋に落ちたよ・・・!

・必要最低限のものしかないね。とてもいい。

・僕はキャンピングカーで生活してるから、これより物が少ないよ?そんなミニマリストの僕にこの家ちょうだい。

・これは僕の夢でゴールだよ。

・それでも色んな物置いてあるよね?

・この家と同じのを僕に造って!

・素敵すぎて住めないわ!



ひとこと


こういうおしゃんてぃな部屋に憧れた時期が私にもありました


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK