5gh53h5h54h54h4h54w



SPONSORED LINK 



概要


日本、北朝鮮の脅威レベルを更新

東京は、北朝鮮の政権がすでに核兵器の小型化能力を持っているかもしれないと警告している。

日本は、脅威が「新たな段階」に入り、核兵器の小型化技術を既に獲得している可能性があるとして、北朝鮮に対する脅威レベルを更新した。


防衛白書は、中国の「強制による現状の転換」も強調している。昨年の報告以来、中国の核実験2回と弾道ミサイル発射の20回以上のテストによる再評価の結果だ。

「北朝鮮は既に核兵器の小型化を達成し、核弾頭を取得している可能性がある」と防衛白書は述べている。


日本の防衛優先事項の概要では、「不安定化要因がより具体的かつ深刻化している」ことを背景に、治安環境がますます厳しくなると述べている


この報告書は、7月4日に北朝鮮が実施したテスト発射について強調しており、これが大陸間射程の弾道ミサイルであると結論づけた。

ある政治家は、日本は海外のミサイル基地を攻撃する技術を取得することを考慮すべきだとの見解を述べている。


技術の開発には何年もかかるが、そのような動きは、日本の平和主義的防衛姿勢に根本的な変化をもたらすだろう。安倍首相は、「平和条項」という日本の憲法第9条を最終的に改正することに政治的キャリアを集中させた。


安倍氏は、日本の自衛隊に北朝鮮のミサイル基地を攻撃するための開発プロセスの開始を許可する「計画はない」と述べた。


しかし、一部のアナリストは、安倍氏は北朝鮮の脅威を減らすことを目指す変化に大きな抵抗を感じていないとの見方を示している。日本を襲う可能性のあるミサイル実験により、多くの日本の地方自治体が避難訓練を実施するようになった。これは、日本がより攻撃的な能力を備えるべきという世間の見解を強めるかもしれない。

小野寺防衛相は、大臣に着任した初の記者会見で、安倍氏から国防計画のガイドラインを見直すよう指示されたと述べた。


「日本の人々の生活と平和を守るために何をしなければならないかという観点から、絶えず努力しながら、このガイドラインの見直しを検討したい。私が前回の防衛大臣(3年前)だった頃と比較して、北朝鮮の弾道ミサイル能力の向上は素晴らしい。」

2017年の白書は、昨年の中国に対する実質的な懸念を加えた。「妥協することなく一方的な要求を満たす態勢を整えている」として、これが地域の安全保障環境に及ぼすリスクを指摘した。


この白書は初めて中国の日本海での軍事行動に関して言及した。日本の航空自衛隊による軍事飛行とスクランブルの数が2017年3月以降の12ヶ月間で過去最高を記録した。



■引用元
1


SPONSORED LINK 

海外の反応


・北朝鮮は第三次世界大戦を引き起こすかもしれない。悲しいことだ。

・実際、北朝鮮は1952年から米国と戦争状態で、いまだ続いているんだ。

・遅くなりすぎる前に、北朝鮮への解決方法を見つけなければならないね。多くの命が奪われることになってしまうかもしれない。

・大局をみると、これは中国の日本侵略を引き起こすのではないかな。

・戦争はいやだ!

・少なくとも日本はリーダーシップがあるから・・・日本に彼らと交渉させるべきだ。

・ああ、北朝鮮がさらに何かしないことを祈るよ。

・70年代から彼らはもう核兵器を持っていたのでは?

・安倍氏は忙しいね。防衛は緊急課題だ。

・北朝鮮は自分たちのミサイルがどう影響を及ぼすのか分かっていない。

・今のUSは、北朝鮮に狂ったことを言わせてみんなを脅威に落とすかもしれない。

・北朝鮮を遅くなる前に地図から消すべきだ!

・でも、じゃあ何で欧米諸国は核兵器を持てるんだ?

・米国の言及が日本に届いてしまった・・・日本は過去の軍事歴史を忘れてしまったのかしら。

・馬鹿げた話だ。何も深刻なことが起こらないといいね。




ひとこと


海の向こうの人は北朝鮮に関して基本他人事なんですが、この報道では脅威に感じるコメントが多かったです



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK