w5409uh90w4huw0u9h009u



SPONSORED LINK 



概要


大阪ラーメンワークショップ


大阪に、1日のラーメンクラスに参加出来るラーメン学校がある。

6時間のコースで、講師がスープからトッピングまで全てを教えてくれるのだ。


近畿大学方面、小さな商店街を抜けるとそこにラーメン学校はある。撮影者は4年以上もの間この学校関連の仕事をしているが、これまでにたくさんの生徒がここのラーメンクラスを受講していった。


この学校には通訳をしてくれる「茜さん」という女性がおり、レシピを作るのを手助けしてくれている。


流れとしてはまずスープを準備し、火が通ったらトッピング、そして手軽にランチを済ませる。アットホームな雰囲気の中、やらなければならないことはたくさんあるのだ。


この日は豚骨スープ、クリアスープ、それからトッピングを作っていく。そして麺も一から作っていく予定となっている。


まずは豚骨スープだ。

通常これを作るのは12時間ほどを要するのだが、ラーメン学校では圧力鍋などを使用することで時間を短縮している。また、火力を使い分けることでクリアスープも作ることが出来る。


チャーシューの作り方は至ってシンプル。重要なのは正しく縛ることとカットすることである。余った分は家に持って帰ることも出来る。


2階には麺工場のような教室がある。麺を作る前に、一体ラーメンの麺にはどのような種類があるのか学ぶことになっている。


タレもスープも、煮玉子もチャーシューも、一から作るということがどれほど素晴らしいことかと撮影者は語る。


何らかの食事制限が掛かっている人には特別メニューの提供もある。例えばこの動画に取り上げられているのはヴィーガン用ラーメンである。


また、1日コースだけでなく、もっと深く学びたい人には3日、あるいは5日コースもあるのでぜひ調べてみて欲しい。こちらのコースの魅力のひとつとして、ホテルではなく講師陣が用意してくれたアパートにステイ出来るということだ。そのアパートは学校から徒歩圏内にある。部屋はとても小さいが、ただのホリデーなので充分だろう。


ちなみに3日や5日と長めのコースに参加する人には、居酒屋クラスのようなちょっとしたものを作るレッスンも受けることが出来る。




■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・実は僕も1日コースに参加したことがあるんだ! 元々ラーメンは大好きだったからとても面白かったよ!






・豚骨スープのレシピが知れるってわけね! 最高じゃない!






・参加したい! 絶対1日じゃ足りないっていうの分かってるから、僕には3日コースかな! しかも先生の家にステイ出来るならお金の節約にもなって最高のホリデーじゃないか。






・一度作り方を覚えたら自分の家でも作れたり、工夫して自分オリジナルラーメンを作れたりしそうだもんね…。すごいや!






・へえ! 豚骨スープを作るのには豚の骨が必要なのね!






・↑ 「トンコツ」っていうのは日本語で「豚の骨」って意味なんだよ! コラーゲンたっぷりさ!






・「ラーメン学校」っていうものがあったのなんて知らなかった…。今まで損してた~! 1日コースなら旅行でも行けそう!






・麺の製造機、超クールだね! さすがにあれは家では無理だろうけど…でも色々なことを学べるなんて、ラーメンファンには堪らない環境だな。






・来年ちょうど日本に旅行するところだったから、大阪に行くときに予約してみるよ! 今から楽しみだなあ。ラーメンも食べるつもりだったから、ワークショップも一緒に受けられて一石二鳥って感じ。






・↑ 学校は2~3ヶ月待ちが当たり前だから早目に予約してね!






・このコースって日本語なの? それとも英語?






・↑ 英語の通訳が常駐しているから大丈夫!






・日本なのにヴィーガンのためのラーメンも用意しているなんて、進んでいるな。これなら外国人でも安心して行くことが出来るよ。






・コースの値段はどうなんだい?






・↑ ウェブサイトを確認した方が良いな。だけどこのときは¥55,000だったよ!



ひとこと


豚という字を見て猛烈に二郎が食べたくなりました


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK