4w59hu904wuh9uw90



SPONSORED LINK 



概要


享年105歳 長寿を研究した日本人医師が語る 

引退しなければならないのなら、65歳以上からうまく生きることだ

日野原重明医師は、日本の医学基盤を構築し、日本を世界での長寿トップにすることに尽力した。彼は自身が説いたことを実践していた。

医師であり、聖路加国際大学学長、聖路加国際病院名誉院長である日野原医師は、Japan Timesのインタビューで、長く健康な生活を送るための基本的なガイドラインを推奨した。 そのうちの一つはこれだ:引退しないこと。 そしてもしあなたがしなければならないのならば、65歳よりずっと後に引退すること。

インタビューで、平均寿命平均寿命が68歳のとき、日本の定年年齢が65歳になったと説明した。現在、人々の生活ははるかに長くなっている。2015年の日本の平均余命は約84歳だ。つまり、もっと後に引退するべきなのだ。

日野原医師は亡くなる数カ月前でも診療を行い、5年以上の予約を受けていて、一日に18時間も働いていたと報道されている。彼は105歳だった。


彼を師と仰ぐ川口氏は言う。「彼は人生は貢献であると信じていました。ですから人々を朝早くから助けていたのです。これが彼を生き生きとさせることでした。」

日野原医師のガイドラインには次のことも含まれている。

心配し過ぎず、よく食べ良く寝て、楽しむ

「私たちは子供たちが寝食を忘れ楽しんでいることを覚えています。私たちはこの態度を他もなければなりません。昼食や寝る時間などのたくさんのルールを作って体を疲れさせないことです。」

長生きしたいなら、太り過ぎないこと

「私は朝食にはコーヒー、ミルク、オレンジジュース、そしてスプーン1杯のオリーブオイルを頂きます。オリーブオイルは動脈によく、肌を健康に保ちます。 昼食はミルクとクッキーです。仕事が忙しいときは何も摂りません。 仕事に集中しているため空腹になることはありません。 夕食は野菜と少々の魚と米で、週に2回、赤身の肉100グラムを頂きます。」

医師の言うことをただ盲目的に聞かないこと

「医師が手術を勧めてきたら、その医師の配偶者か子供にも同じことをするかと聞いてみて下さい。医師は全ての人は治せないのです。なら、なぜ不必要な痛みを手術で受ける必要があるのでしょう。私は音楽やアニマルセラピーの方が医師が考えているよりもずっと助けになると思っています。」

痛みに打ち勝ち、楽しむこと

「痛みとは不思議なものです。そして楽しむことはこれを忘れる一番良い方法です。病院は患者のニーズに応えるべきです。私たちは皆楽しみたいのです。聖路加病院では、音楽やアニマルセラピー、アート教室を導入しています。」

常に階段を使い、自分で荷物を運ぶこと

「私は二段跳びをして筋肉を動かすようにしています。」




■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・この記事はとても面白いわ。私も前を向いて生きていこう。

・これは職にもよるんじゃないかな。引退の定義を考えた方がいいと思う。ただ給料をもらえなくなることが引退と言っているのなら、それは精神的にも肉体的にも健康でいることと関係ないからね。

・もし、肉体的にハードではない職でキャリアを積める方法を見つけられたら、これはきっと健康に長生きすることにとてもいい方法だよね。

・引退とは、自分がまた再スタートするきっかけだと思う。私は引退してからとても幸せな生活を送っているわ。

・医師だから、65歳からでも働けるオプションがあったのでは。

・孫とか、若い世代を助けることに時間を使うっていうのも引退後の手だよね。

・私は彼の言いたいことは、貢献することで、自分自身よりも他人を考えるようにするということでは。肉体労働をしている人には若い世代に知識を伝えるとか、そういうことだと思うわ。

・長生きする秘訣は、仕事の種類でなく、何を食べて何を飲むかだと思うけど。

・「仕事をするかしないか」でなくて、「人生の意味を感じて生きるか何も意味をなさずに生きるか」と言うことなのだと思う。

・素晴らしい生き方だわ。できる限りこうするべきね。身体と心をアクティブにして、自分自身の幸せに責任を持つ。私もそうするわ。

・私たちもこうすれば105歳まで生きられるかしら!

・彼の食生活は興味深いね!

・一理あるわ。私の周りは沢山の農家があって、皆働いていて長生きしているわ。

・とてもいいアドバイスだ。たくさんの人がこれに倣うといいね。

・私は彼の考え方がとても好きだわ。彼の人生が他人への貢献という意味を持っていることに。



ひとこと


105歳にもなると殆ど食事とらないんですね


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK