9y98y899ihugyfdrsertdfg



SPONSORED LINK 



概要


日本発宇宙ドローン「ゼログラビティ―」


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、カメラドローンであるゼログラビティーのデビューにあたり、ゼログラビティ―が撮影した初の写真および動画を公開した。


機能上、「JEMインターナルボール」あるいは略して「イントボール」は宇宙にいる宇宙飛行士と地球にいる科学者たちとの連絡を取り合う上で活用される。


見た目としてはスターウォーズのBB8以来の可愛い小さな球体だ。


イントボールは今年、6月4日、宇宙ステーション「きぼう」に打ち上げられた。そして7月14日、写真がJAXAによって公開されたのだ。


わずか6インチ(15cm)、2.2ポンド(1kg)の球体は現在、仕事をしている宇宙飛行士の写真や動画を撮影するという任務に就いている。


撮影された写真および動画はJAXA筑波宇宙センターにいる研究者たちにリアルタイムで届けられ、イントボールは地上にいる科学者たちの手によって操作することが出来る。


JAXAは宇宙飛行士は現在実に10%の時間を写真撮影に費やしているというのだ。

また、宇宙飛行士が写真撮影をして地上にいるクルーに送るまでの間には大きなタイムラグが生じている。


イントボールの目的のひとつとして、そうした記録に関する仕事を引き受けること、そして送信時間の遅延をなくすこと、というものがある。

そうすることで宇宙飛行士の負担を軽減させるだけでなく、地上にいるクルーがリアルタイムの映像をチェックし、宇宙飛行士の手助けをすることを可能にしてくれるのだ。


イントボールは3Dプリントと最新のドローンテクノロジーを採用した製品である。


ゼログラビティ―は、内部リファレンスと12個のプロペラがある送風機の付いた3軸コントロールユニットによって機能している。


これによって、ドローンは「宇宙飛行士のフライトを通してどこへでも、そしていつでも動くことが出来、どんなアングルからの写真撮影も可能にした」。


今のところ、イントボールは地上と宇宙のクルーを革命的に繋ぐ働きをしている。


JAXAは将来的にこれ以上の働きが期待出来るテクノロジーであるのかどうか、「この機能を更に増強させて、自動操作や自動性の実験を推進していく」つもりなのだという。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応



・え!? 無重力で浮くカメラだって!? そりゃすごいや!






・性能がすごいことはもちろんなんだけど、なんて可愛い球体なの!






・この見た目は…なんだかガンダムのハロを思い出すな(笑)






・素晴らしい革新だね。これは間違いなく世界のためになるよ。






・日本からの奇跡か! よくやった!






・日本は今国内も大変だって聞くから、宇宙に目を向ける前に自分たちのことをどうにかした方が良いんじゃ…。






・可愛い! 実際に動いてる動画が見てみたいな。






・科学もついにここまで来たか…。本当に昔夢見た近未来がやって来るのは近いのかもね。






・なんだか玩具みたい(笑)クリスマスに欲しい!






・映画の中に出てくるロボットが目の前に現れた感じ。衝撃的!






・日本らしい、見た目が重視されたドローンだね。あとは実際の機能がどのように働きかけてくれるか、だ。






・僕は一般人で専門知識がないから分からないけど、実際のところどこまで開発は進んでいるんだろうね? 写真とか、僕たちには公開にならないかなあ…。






・日本はヒーローだ! 2020年には正式なものが出ているような気がするよ!






・宇宙飛行士の膨大な仕事量を減らしてくれるのは嬉しい機能だよね。そしたらもっと違う開発や発見に手を付けられるってことだもの。






・こうして人類は進化していくんだ…って思ったらテンション上がる! ゼログラビティ―に付いてる目みたいなの可愛いね(笑)



ひとこと


このニュースは海外のいろんなメディアで取り上げられてます
この分なら生きてるうちにガンダム見れそうですね



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK