54h64whwhwhwhw


SPONSORED LINK 



概要


気分の悪いギャグが「銀魂」を失敗とさせる

俳優の中には、良い題材を選ぶ才能を持っている。そして、小栗旬のように、「ミュージアム」、「テラフォーマーズ」、「ギャラクシー街道」、「ルパン三世」でのような怪演をするものもいる。

このような実績にもかかわらず、小栗は「銀魂」に出演する。これは、宇宙人が封建時代の日本を征服したという設定の、ギャグ漫画が原作だ。


以前「変態仮面」を監督したコミックアクションの専門家、福田雄一監督による「銀魂」は、あまりにも多くのキャラクターや人物が描写されている。小栗はほとんどのシーンで、ギャグの王道である、指で鼻をほじる姿を披露する。

しかし、「銀魂」は、それ自体は決して悪くはない。読者が主に成人男性であるこのギャグ・マンガは、デザイン的に雑で粗末なものであり、映画はそれに基づいている。「銀魂」は原作にある笑い声を巧みに取り入れていて、ポップカルチャー・パロディーをより高いレベルに上げているだろう。

映画は、宇宙人(天人)が幕末に江戸を支配することから始まる。

一方、銀時は、万事屋である日本式の家でぶらぶらしている。彼の2人のアシスタントは剣術の心得がある志村新八(菅田将暉)と、可愛いが強く大量の食べ物を吐く神楽(橋本環奈)だ。


エピソードには、村田鉄矢(安田顕)という天才剣士が登場する。彼は紅桜と呼ばれる、新しい情報を吸収して合併する能力を持っている剣を探すことを銀時に頼んだ。この捜索の中で、銀時は武装勢力や反乱軍と出会い、岡田似蔵(新井浩文)と衝突する。

上記のように、「銀魂」は、通常のギャグ漫画と比べて、ストーリー性や剣での戦闘シーンを含んでいる。レビューアはこの感覚過剰な描写を楽しんでいるようだ。



■引用元



SPONSORED LINK 

海外の反応


・絶対見る!(笑) 面白そう!

・大人の男性向けの漫画だって書いてあるけど、違うわよね。この記者は銀魂が分かってない!

・アニメの実写版かな?

・友達が見たいって騒いでたよ。

・この記事に対して怒ってる人もいたけど、意見は意見だよね。見てみてから考えればいい。

・映画にいくつかパロディが入ってるといいな。

・鼻をほじるシーンがない銀魂は銀魂ではないよね(笑)

・何かこの記事のレビューは映画がよくないように聞こえるわ。でもただの意見だし、見てみようかな。

・このレビューを真剣に受け止めることはないよ!漫画ベースのアクション映画には色んな意見があるだろうしね。

・もしこれがいいアクション映画だったら、そっちの方が驚きだよ!

・何で?僕は映画をとても楽しみにしてるよ。

・驚きはしないよ。ギャグ漫画の実写は難しいだろうからね。

・原作を知っていると、映画にはがっかりするのかもね。

・要は、映画は紅桜編をやってるってことなのかな。

・キャスティングは素晴らしいよね!見てみたいと思うけど。




ひとこと


ギャグなしの銀魂のほうがありえないでしょ



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK