0w4uh0uwh09u90wu09w



SPONSORED LINK 



概要


今日の出来事:モハメド・アリVS日本のプロレスラーの世紀の茶番劇が繰り広げられた日

フロイド・メイウェザーとコーナー・マクレガーの茶番劇が間もなく行われる予定ですが、遡ること1976の今日6月26日、世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリが、日本のプロレスラーであるアントニオ猪木と戦い、ぐだぐだのままその試合は終わりました。


メイウェザーたちとは違い、リング上ではほぼ何も起こらず、結果を予想することは不可能なものでした。


アリは世界ヘビー級チャンピオン戦の時に8オンスのグローブを着けていたのですが、この時は4オンスのグローブを着けました。試合ではパンチを許可されただけでなく、もしもグローブを着け続けるならレスリングに変更する権利をも与えられていました。


素手で戦った猪木は、組み打ち・投げ・チョップを許可されていました。どちらも、頭突き、ベルトの下をえぐったり叩いたりすることは禁止されていました。


試合は、315ラウンド。多くの人々は、アリがこのような試合に出て評判を落とすのではないかと思っていました。とはいえ、我々はこのイベントを無視するわけにはいきませんでした。なぜなら、アリは世界ヘビー級のチャンピオンだったからです。

東京での茶番劇は引き分けに終わる

数百万ドルのギャラで行われたこの異種格闘技戦は、2人のチャンピオンがだらだらと15ラウンドの茶番劇を繰り広げ、この年最悪の試合とな、東京の武道館の観客をがっかりさせました。


レフェリーのジン・ラベールが7171のイーブン、ジャッジの遠山甲が7268で猪木、同じくジャッジの遠藤幸吉が7472でアリ、という点を付けました。


アリのキックを受けた後、猪木は試合のほとんどをリングに尻をつけて、這っていました。アリはリングを飛んだり跳ねたりして動くことに満足しており、猪木に対しての挑発の言葉を乱発し、時々横たわった猪木にキックをしていました。


7ラウンドまでアリはパンチをしませんでしたしジャブは短いものでした。まったくつまらないように見せかけた猪木による戦術のようでもありました。猪木は何度もリングに飛び込み、アリの拳から逃げ続けました。けれど、アリが背後でジャブを右に、もしくは左フックを打っているようで、一見猪木の行動は正当かのように見えました。


猪木は一度も手を使っての攻撃はしませんでした。空手スタイルのチョップは禁じられていたのです。試合の最後に観客はブーイングを浴びせ、座布団やプログラムをリングに投げ込みました。

“我々はどちらも賢すぎた。”アリは後にそう言っています。“僕はずっと、6百万ドルのことばかり考えていた。”


アリの左足は猪木のキックによってひどいダメージを受けたと主張していますが、そこまで腫れているようには見えませんでした。試合後もまだ元気そうに見えました。


アリのコーナーについたアンジェロ・ダンディは、この一連の出来事に恥じているように見えました。

これは、王者アリにとって、これまでの中で最高に簡単に賞金が手に入る試合に見えました。そして、明らかに最も大きい額の。


ですが、これはボクシングにとっては全くの無意味なものでした。

ジャイアントがチャックを破る

同日、有料チャンネルではチャック・ウェプナーが巨大なレスラー アンドレ・ザ・ジャイアントに3ラウンドで追い詰められている様子を放映していました。


10分間ひと勝負と決められていたこの試合は、ニューヨークのスタジアムから中継されていました。この組み合わせにおいて、ウェプナーは95キロ大きい相手と戦っていました。リングの上で、彼はまるで小さな子供のように見えました。


アンドレは長いカールした髪の毛をなびかせ、腕を振り、遠慮なく向かってきました。その姿は童話に出てくる鬼のようでした。彼は終始挑発的な目つきで戦いました。


終わりは、3ラウンドの115秒にアンドレがウェプナーを掴み、彼の足をフロアに叩きつけたことでした。ウェプナーがロープに寄りかかって倒れたところをアンドレが掴み、エアプレーンスピンをして、ウェプナーをリング外に出したのです。


ウェプナーは時間内にリングに戻れず、カウントアウトとなりました。彼がリングに戻った時、アンドレにとびかかり、乱闘状態になりました。


これは、この尻切れトンボで終わった戦いの、あさましい終わり方でした。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応



・このエキシビジョンによって、アリのキャリアはほぼ止められたよね。キックによって、アリの片足は切断寸前まで追いやられたし。これは、アリとノートンのラバーマッチにも影響したんだ。





・あははは、この試合はほんっとにコメディだと思うよ。





・この試合のこと、昨日話したばっかりだー!!





・ある意味、見るのが辛い試合だよね・・・。





・で、また別の茶番劇が間もなく行われようとしている・・・。





・この試合、おかしいよね・・・。





・レスラーと戦っちゃだめだな。





・そうそう、15ラウンドのつまんない引き分け試合だったよね。





・この試合に対して言えることは一つだけ・・・筋書あり。





・これで、アリの試合人生は短くなったんだよね。





・コーナー・マクレガーはレスラーじゃなくて、まじの格闘家だよ。レスリングっていうのは、練習してからステージにあがるんだよ・・・。





・アリVS猪木、ロッキーVSハルクホーガンのリアルバージョン!





・この試合は、最悪中の最悪。誰もこんなの気にしてないよ。





・アンドレとウェプナーの試合はまだよかった。でも、エンタメ的にはどっちもだめ。





・確か、1、2年後にウェプナーは猪木と対戦してるよね。でも、ステージマッチだったような気がする。





・”ずっと6百万ドルのことを考えていた”って・・・こんなばかげた状況ですら、お金のこと考えちゃうもんなんだな・・・(笑)





・全然違うよ・・・マクレガーは床の上では終わらないだろうし。とはいえ、彼は始めようともしないかもだけど・・・。



ひとこと


マクレガー選手の独特のステップが好き





SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK