04w9h09u9huw0u0h9wu09hu



SPONSORED LINK 



概要


マリオのコスプレゴーカート以外の観光客を求める日本


―観光ブームがもたらした日本文化の欧米式解釈


東京― 新婚旅行で日本を訪れたジェイソンとニコールは京都の寺巡りや秘境の温泉巡りをした後、ライムグリーンの恐竜コスチュームに身を包み、東京でのゴーカートに出かけた。


「僕はヨッシーをいつもゲームで選んでるからね。」

マリオカートは4世紀半前に発売されたゲームで、世界中で遊ばれている。この新しいビジネスはマリオカートの人気とゴーカートへの規制緩和を受け、東京や他の都市でのセルフツアーだ。運営会社であるマリカーによると、ほとんどは外国人観光客が利用しているようだ。

観光客がスリルを味わう一方で、地元民はあまり歓迎していないようだ。「彼らは本当に迷惑だ」と東京の60代のタクシードライバーは言う。「集団で運転しているので彼らが近づくとおそろしい。」

2年前と比較して2倍近くに観光客は増加し、政府も東京オリンピックに向けて更なる観光客を呼び寄せる目標を設定している。


観光客のほとんどは他のアジアから訪れている。地元民は、桜の枝を揺らして散る様子を撮ろうとしたりする観光客を快く思っていない。中国大使館は、桜の木に登ったり枝を折ったりしないよう注意喚起を促した。

京都では、安く派手な色の着物レンタルをすることで発展したが、着物店で働く業界人はいくつかの着物は「ひどい」「派手過ぎる」という。


多くの観光客は、日本のハイテクな一面を目当てに来ているようだ。ポップカルチャーに焦点をおいたツアーは数カ月先まで予約でいっぱいだ。


日本はビデオゲームの代名詞だ。それを目当てにくる若い観光客は多い。29歳の看護師である女性もその一人だ。マリカーの体験を、スカイドライビングやバンジージャンプと同じくらい良かったという。「日本の厳格な文化の中で、こういうワイルドなことができるのはとても奇妙な体験だと思う。」

マリカーのドライバーたちの集団は東京でよく見かけるようになった。ドライバーたちはお互いにレースをしないように、またゲームのようにバナナを道路に投げないように言われている。しかしながら、ゴーカートが交番に衝突した事故もあり、厳しい規制を求める声があがっている。


顧客は日本の運転免許か国際免許を所持している必要がある。マリカーは、警察署と協力して安全性について取り組んでいくと述べている。


一方で、マリカーは現在任天堂と裁判で争っている。任天堂はマリカーを著作権侵害だと訴えているのだ。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・僕と彼女は東京でこれをやったけど、地元の人も含めてみんなニコニコしながら見ててくれたよ。誰にも迷惑かけてないし、またやりたいと思ってる。

・東京に行った時に、この集団を見かけたよ。でも、みんな同じコスチュームを着て、時速5マイルともいえる遅いスピードで一列で走ってた。ごめん、僕には楽しさが分からない!

・僕はLAに住んでるけど、観光客はみんなセンターに行って、僕たちはそれを避けている。観光はいい点も悪い点もある。日本もこういう受け身な規制をしてみたらどうかな。

・ゴーカートというアイディア自体が最初からダメだったんじゃないかな。問題が起きるのは当たり前だと思う。

・これ東京にいたときに見たよ。自分の目が信じられなかった!(笑)

・私もこの集団あまり好きでない・・・邪魔に見えた。

・マリオカートは楽しいけど、都市中心部でやるべきでないよね!

・こんなサービスがあったんだ。行った時にやればよかった!




・この会社、いつまでもつか分からないよね。任天堂が訴えてるみたいだし。

・ゴーカートってアイディアいいと思うけど。東京が観光として提供できるものではないとおもうな

・東京にはゴーカートをやれる公園とか場所あったりしないの?

・どうやら先に認可を受けたサービスではないように見受けられるけど。

・うーん、もしかしたら認可されなくなるかもしれないけど、やってみたいな。

・これはいいね!観光地でのレンタカーを見つけられたかな。

・僕はそれでもこの記事気にせずやってみたいと思うけど。

ひとこと


外国人みんながみんなゴーカートでヒャッハーしたわけではないということですね



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK