409hu2094uh90uh290u094



SPONSORED LINK 



概要


ポケモンGoの新しいジムシステムにレイドバトルが追加

ポケモンGoの一周年を記念して、大きな変更が予定されている。この変更に興奮する前に言っておきたいことは、プレーヤー同士のバトルは予定されていないということだ。しかし、ジムでは友達と組んで強力なポケモンと戦うことができる。

ゲームの開発をしているNianticによれば、特定の強いプレーヤーでなく、全員が楽しめるような効果を狙っているという。新しい変更点はこうだ。ジムにはすぐに6体のポケモンを配置でき、ポケモンには「やる気」という新しいシステムが追加される。相手チームを倒すことができなくても、時間経過とバトルに負けることによりポケモンはやる気を失っていき、CPが下がっていく。


同チームのメンバーは、ポケモンに木の実を与えることでやる気を維持することができる。ジムへの貢献として、ジムバッジがもらえたり、ジムのポケストップでいいアイテムがゲットできたりする。


ジムはポケストップとしての機能も果たしていて、ポケストップが少ないエリアでの問題をカバーしている。レイドバトルでは、近くにいるメンバーと一緒に協力して強力なポケモンと戦うことができる。


レイドボスが現れれば、最大で20プレーヤーと戦え、5分以内に倒せれば捕獲チャンスが与えられる。しかしながら、レイドバトルに参加するにはレイドパスが必要だ。ショップで購入しない限り、一日一回しかもらえない。

私この新しいレイドをやってみたが、ポケモンGoとしての魅力はわかるものの、全体的にカオスに感じた。プレイ中にはよく遅くなったりもした。それでも、Nianticが公表に時間を取ると聞けたのは良かったと思う。なぜならレイドはゴールデンタイムには準備が足りないと思うからだ。


プレーヤーはゲームを始めるとゲームに終わりがないことに文句を言っていた。この新しい変更は少なくとも選択肢を与えてくれそうだ。どれくらいゲームが魅力を維持できるのかということと同時に、どれだけ待ちわびられていた機能、例えば伝説のポケモンなどが絡んでくるのかを見ることは面白い。


ポケモンGoの最初のメガヒットのように、人々の好奇心をつかむことが問題だ。また、プレーヤーをゲームに復帰させることも別問題だろう。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・やっと友達と一緒に戦える!

・去年友達と歩き回って遊んでいたな。

・だから先週何度もログインしようと思ったのにできなかったのかな?すごくイラついた!

・もうすでにプレーヤーの半分以上は遊んでなくて離れてしまったよ。彼らが離れる前に新しくできなかったのかな。

・また友達誘って遊んでみようかなあ。

・うーん、このシステムうまくいかないよ。人が多くて20人以内に入れないか、人が少なすぎてレイドバトルできないかになってしまうと思う。

・伝説のポケモンが手に入るパスワードがもらえるらしいよ。

・どうしようかな。友達はもうやってないっていうし。

・いいね!また新しく楽しめるよ。

・プレーヤー同士のバトル機能が欲しかったなあ。

・出会ったポケモンと戦える機能があればゲームに戻るかもしれないけど、今のところは予定ないみたいで残念。

・まだこれで遊んでいる人がそんなにいるの?

・トレードはできないみないだね。だったらやる価値ないかな。

・アプリ消しちゃったよ。ダウンロードし直さないと!

・友達と今週はポケモンGoで遊ぶことにする!




ひとこと


こういうところはアップデートできるゲームの強みですね


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK