4059ih90wiw-9ih-0iw4-0



SPONSORED LINK 



概要


アニメ事業で働く内部からの視点

あなたは日本に行ってアニメを作りたいと夢見ている。さて、どんななのだろう?Thomas Romainに聞いてみよう。


フランス生まれ39歳のRomainは、Oban Star-racersと呼ばれるフランス・日本のアニメシリーズで共同監督・芸術監督を務めるため2003年に東京に移住した。

「これはもともと友人のSavin Yeatman-Eiffelが作ったショーだった。僕たちはこれを完成させるために日本へ移った。」


Savinはヨーロッパから十分な資金提供を得て、日本のスタジオとともに制作をした。プロジェクトが終わると、Romainは日本に残ることにした。「ここには素晴らしいアニメーターたちがたくさんいる。僕はどんなことをしてでもその素晴らしい一員になりたかったんだ。」


Satelightというスタジオでキスダム-ENGAGE planet-というアニメ制作に携わった。「デザインやスタッフは素晴らしかった。でも、マネジメントがとても悪かった。制作がどういうものかということを学べたのは貴重だったけどね。」


彼はその後、バスカッシュ!のコンセプト設定やスペース☆ダンディのデザインなど、様々なアニメ制作に携わった。そのような経歴を持つ彼に、どうやったらこの業界に入れるのかを聞いてみた。


日本のアニメ業界で働きたい人へのアドバイスは?

第一に日本語を学ぶこと。第二に、早く始めれば始めるほどいいということ。日本のスタジオは若い人を取りたがるからね。第三に、お金がある状態で来ること。安定した収入を得られるようになるには数年かかるから。


どうやって職を得た?

僕は居酒屋でボスと飲んで、日本語のジョークとか言ったりして楽しんだよ。そうしたら2週間後に採用になった。この業界はサービス残業が当たり前。僕は自分の結婚式当日にも働いていたよ。でも、一度才能があって働き者だと証明出来たら、職に困ることはない。


日本でアニメを作る際に驚いたことは?

スタッフがとても謙虚だということに驚いたのと同時に、欧米に比べて生活がとてもひどいことにも驚いた。給料は低くて残業も多い。彼らのほとんどは僕のような欧米人がなぜアニメ業界で働きたいのか謎になようだ。日本のアニメーターたちはみんな天才なんだと思っていたけど、それはジブリのような最高峰だけがフランスで上映されているだけだからだったんだ。日本にはたくさんのアニメがあって、そこで条件が悪くても働いている人たちがたくさんいる。」


どんな経験をした?

「僕の経験は悪くはないよ。でなければフランスにもどっていただろうからね。Satelight がアートディレクターとして雇ってくれた。完璧主義者になることでなくて、たくさんの仕事をこなすことが要求されるけど、デザインの仕事は面白いし、そこそこ認知度のあるアニメの制作をやらせてもらっている。」


アニメ業界で働くことにあたって最も大変だったことは?

確実に、かなりの量の仕事を一定期間で終わらせなければならないことかな。スタジオは24時間動いているし、残業も夜中に打ち合わせがあることもざらだ。日本は不可能と思える仕事を素早くやってのける。かなりの働きものでなければならないよ。」


業界で聞いた恐ろしい話は?

「聞いただけでなくて見てきた話だ。基本的に、皆働きすぎだ。日本の社会は「はい」と言いがちで、無理な仕事をすることになる。僕の知り合いには家を借りないでスタジオか漫画喫茶で過ごす人だっている。過労死もみてきた。でもスタッフはみんないい人で働くことは楽しい。これはみんな同じ運命を共にしていると知っていて、皆過酷な労働の中アニメ制作を愛しているからなんだ。」


日本でアニメを作るのに最も難しくないことは?

「才能があるアニメーターたちに囲まれていて、モチベーションが上がることだ。スタジオで孤独を感じることがない。」


アニメ業界で成功した人の特徴は?

「まず、献身力というか、忍耐力だろう。日本人のチームに信頼されることが鍵だ。次に、制作チームと馴染むことだ。文化の特徴つかんで受け入れることだね。文化の違いを、理解しながら自分の長所とすることが大事だ。」


日本で働いたことで変わったことは?

「アーティストとして、日本のアニメーターたちは僕を成長させてくれた。あと、忍耐深くなったかな。どこで働こうとも、刺激的な場で尊敬できる人たちといることができるよ。」


アーティストとして改善するためのアドバイスは?

「もし、自分のスタイルを貫くクリエイティブなアーティストのことを言っているなら、僕はアドバイスに適した人物ではない。ビジョン、忍耐、コミュニケーションが鍵だと思っている。でももしクリエイティブな業界で働く人のことを指しているなら、いくつかアドバイスがある。まず、特定のスタイルよりもアカデミックスキルを身に付けることだ。また、志は高くしても忍耐心をなくしてはいけない。同じ業界に友人をたくさん作ることだ。たくさんのことが学べる。若いアーティストと技術や経験を共有すること。また、ある特定のフィールドでの能力を高めることも勧める。新しいことを経験して挑戦するのに重要なことだ。」



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・いいことがたくさん書いてあるね!

・今、ダンディのシーズン2を見てるんだ。この人も関わってるんだね。

・久々に有用な記事を読んだよ。事情が垣間見えて興味深いね。

・それでもダンディを見るのに悔いはない。

・この記事、僕を苛立たせてくれたよ。

・RomainにAmimeExpoで会ったんだ。すごくいい人で、ダンディのスペースシップをバックに描いてくれたんだよ。

・かなり衝撃的な内容だ。犠牲ともみえるけど。

・スペース☆ダンディはすごくいいアニメなんだよ。もっといろんな人に見てほしい。

・ゲーム業界とかはどうなんだろう。

・この記事面白かった。こういう内部の状況が読める記事もっと読んでみたい。

・これはひどい。業界の就業状況は僕が考えていたのよりずっと悪いみたいだ。

・どんなにアニメが好きでも、もっと自分の健康と価値を考えた方がいいと思う・・・。

・自分の結婚式に働くの?これって献身っていうのかな??

・いくつか懐かしいアニメのタイトルがある。彼はここに関わっていたんだね。

・日本に行きたがっている友人に、業界の状況を教えてあげられる。記事を勧めてみるよ。




ひとこと


やっぱり過酷な労働環境なんですね


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK