8wg8oehoihbiohoihsiob



SPONSORED LINK 



概要


うんこ博士が日本にうんこ勉強法を持たらす

多くの日本の親や教師がそう証言しているように、子どもたちに何百もある漢字を書かせたり覚えさせたりすることは、とても大変な仕事です。

 

しかし、新しいシリーズの勉強本が子供たちの興味を惹きつけています。それは何かって?革命的でなかなか言いづらいあの言葉―ある年齢の子供たちがいつの時代でも大好きな・・・うんこ!です。

うんこ漢字ドリルとは?

うんこ漢字ドリルは、この3月に発刊されて以来、日本の小学生たちの間で大人気となり、親たちからも感謝をされています。

 

うんこ博士-口ひげを生やして眼鏡をかけた絵文字のような見た目のうんこ―の助言やヒントが満載のこのドリルは、現在までに183万部を売り上げています。

 

“つまらない勉強をより楽しくしたい”うんこドリルの出版者である山本周嗣(40)は毎日新聞社の取材に対して、そう話しました。

 

7年前に自身の出版社を立ち上げた山本は、リーマンブラザーズの元社員でした。“僕は、非常に平凡な人間です。だから、普通の人たちが何を欲しがっているのか、何が売れるのか、がわかるんです。”山本はそう話しました。

日本における漢字勉強の大変さ

日本語の“書き”は、2,136もの“常用”漢字と平仮名、片仮名から構成されています。平仮名は46種類の文字で、副詞や接続詞などの不変化詩や動詞・形容詞の活用語に使われます。片仮名は平仮名と同じ数だけあり、外来語を表す際にたいてい用いられます。

 

世界でもトップレベルで計算ができて教養のある日本の子供たちは、6歳から始めて小学校6年間が終わるまでに1,006もの漢字を読み書きできるように教育されるのです。彼らがそのゴールに近づけるよう、そして義務教育が終わる15歳までに残りの1,130もの漢字を覚えられるよう、うんこ漢字ドリルは、その3,018の例文すべてに、“うんこ”が入れられているのです。

 

 

うんこは魔法の言葉

“大人は眉をひそめるかもしれませんが、子供たちにとって、『うんこ』という言葉は楽しくなる魔法の言葉なのです。”ドリルの著者である古屋雄作は共同通信社の取材にそう話しました。

記憶させるために、どの例文もうんこと関連付けているため、いくつか非現実的な内容のものもあります。

 

漢字の“会議”を教えるための例文は、“私たちは、うんこ会議を始めた”なのです。トイレをテーマにした例文もあります:“何回トイレを流しても、僕のうんこは流れなかった”。

 

7歳の柴咲ひなた君は、学校での暗記学習が嫌いでしたが、今では漢字が大好きになったそうです。“このドリル、すごく面白いよ。だって、どこにでもうんこが出てくるんだもん。”“漢字の勉強は嫌いだったけど、この本には夢中になっちゃった。”



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・3歳から5歳までの子供を持つ親なら、これが真実とわかるはず!

 

 

 

 

・うーん、世界中でこれが受け入れられる場所が一か所だけだとしたら、間違いなく日本だろうな(笑)

 

 

 

・これは、まあ、小学生向けだよね。

 

 

 

 

・ほんっとに、何度うちの子供たちがこの言葉を使ったことか・・・。

 

 

 

 

・↑ うちの国でも、この本を紹介したほうがいいかもね!

 

 

 

 

・日本語を学ぶのに最適なテキスト!

 

 

 

 

・“うんこという言葉は、物事を楽しくする魔法の言葉”だってさ。親御さんたち、どう思う??(笑)

 

 

 

 

・私にもこのシリーズが必要だわー。

 

 

 

 

・勉強するのに最高の方法じゃん!面白いなあ。

 

 

 

 

・プー・フェクト!!

 

 

 

 

・ついに私が漢字を覚える時がきたか・・・(笑)

 

 

 

 

・うんこは永遠におもしろい!!!

 

 

 

 

・うーん・・・日本人ってクレイジーだなあ。

 

 

 

 

・日本への旅行の前に買って勉強しとく?

 

 

 

 

・↑ もちろん!

 

 

 

 

 

・これ、日本語を勉強している人におすすめだよ!

 

 

 

 

・ここでは誰も眉をひそめたりしないよー。みんな、子供の心を忘れていないからね!

 

 

 

 

・何これ、面白すぎる(泣笑)子供たち、これ好きだと思うわー(笑)

 


ひとこと


いつから好きじゃなくなったのか、今となっては思い出せません


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK