r8t999898y8y0y00



SPONSORED LINK 



概要


ガイナックスが訴訟に負け、庵野秀明のスタジオに$ 900,000の支払い

 

昨年、庵野秀明が経営するスタジオ、カラーは、エヴァンゲリオンで有名なガイナックスに対し未払いのロイヤルティーを求める訴訟を起こした。東京地方裁判所は、庵野の訴えに従い、ガイナックスに1億円(約$900,000)を支払うよう命じた。

庵野は1984年、現在のガイナックスの山賀博之社長を含む同窓生と大阪芸術大学芸術学部で出会い、ガイナックスを設立。 1990年代半ばの新世紀エヴァンゲリオンで大ヒット。 庵野はカラーを設立するために2007年にガイナックスを去ったが、両スタジオはコラボレーションを続けていた。

ガイナックスは庵野が手掛けた作品の収入に対してカラーはにロイヤリティーを支払う契約になっていたが、多額の支払いが滞っていた。さらに、カラーは2014年8月にガイナックスに1億円($898,796)の特別融資を行い、未払い金の返済を訴えている。

ガイナックスがこの判決に異議を唱えることはないと報告している。 カラーは判決についてコメントを出すことはないだろう。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・エヴァンゲリオンの前作から随分経ってるよね。早くこれが解決して続編が見たい。

・でも、次の作品は制作中だよね?

・次のエヴァンゲリオンを制作する予算がなくなってしまうのかな?

 

 

 

↑ 庵野を知ってる?彼のスタジオが3.0を作ったんだよ。

・どう考えていいのかわからない・・・お互いに愛情はないのかな。

・ガイナックスは死にかけてるんだよ。庵野がスタジオを立ち上げてから、いいものをみんな持ってしまったのがきっかけなのでは。

・もしかしてこれって続編が見れなくなるかもしれないってこと?!

・これは庵野が次の作品を作ってくれるってことかな。

・何とかして次のエヴァンゲリオンだけは見せてほしい!

・このニュースすでに知ってる。ファンには重要な動向だ。

・どうやら最終章はすぐには出なそうだね。残念。

・庵野が次の作品の制作を資金不足と時間の問題で中断してたって聞いたから、これで次作が見れるかも知れないってことかな。

・十分資金繰りで苦労してきたみたいだから、これがガイナックスに終止符を打つんじゃないかな。

・庵野がエヴァンゲリオンを作ってきたんだから、彼はそれなりの対価を支払われるべきだよね。

・これが彼らが次作を宣伝しておきながら、僕たちがまだ見れてない理由かな。

・その一億円を返して、次作を制作してくれるといいね。

 



ひとこと


金銭的なゴタゴタが解決しないと次の作品が作れないのはありそうですね



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK