r87t78t7t7t79t7979



SPONSORED LINK 



概要


東京ジョイポリス:スリル満載!楽しいお台場のインドアアミューズメント


天候関係無く楽しめるアミューズメントパーク、セガ運営の「東京ジョイポリス」は、アトラクションが詰まった3フロアを提供してくれる。このインドアアミューズメントセンターは、乗り物や、スリル満点のバーチャルアトラクション、その他興味深い革新的アトラクションを体験することが出来る。


観光客も地元民もみんな行けるこの場所は、楽しさとスリルで満ち溢れている。ライブジャパンは東京ジョイポリスを見るため、東京はお台場、東京湾エリアを訪れた。そして様々なゲームやアトラクションに挑戦し、数々の驚きを目にするのだった!



ジョイポリス入場:システム、価格、割引


東京ジョイポリスはお台場海浜公園駅から徒歩2分ほどの場所にあり、東京テレポート駅からでも徒歩5分だ。営業時間は午前10時~午後10時(最終入場9時15分)、週7日、また、7歳以上の子どもから大人まで入場可能となっている。


支払方法は2種類。ひとつ目はアラカルテシステムといって、入場券を大人¥800、子ども(7~17歳)¥500で購入、そして中の乗り物などは別途自販機で購入するというものだ。アトラクションの値段は¥500~¥800。


ふたつ目は全てが含まれたパスを¥4,300(子ども¥3,300)で購入するというもの。これを手に入れれば、全てのアトラクションに参加することが出来る。


6歳以下の子どもと60歳以上のシニアは無料で入場することが出来るが、アトラクションやゲームに参加する場合は支払わなければならず、乗り物のいくつかには身長制限があったりもする。前売り券やナイトパス、レイトナイトパスなどでは割引もある。


海外からのゲストはパスポートまたは外国のIDなどを提示すれば¥300のディスカウントが受けられるという特典も。値段や営業時間などは変更になる可能性もあるので、ジョイポリスの公式ウェブサイトで最新情報をチェックするようにして欲しい。



東京ジョイポリスへようこそ!


入場料の支払いを済ませ入口を抜けると、すぐに等身大のセガマスコット、ソニック・ザ・ヘッジホッグを見ることが出来る。平日でも、ジョイポリスは多くの訪問者で溢れ、活気に満ちた雰囲気を漂わせている。アトラクションを試してみるのが待ち切れない!

しかしながら、ここで経験出来るのは何もゲームや乗り物だけではない。ジョイポリスにはプリクラコーナーや土産物店、スナック、UFOキャッチャーなどがある。その他にも、ライブおよびデジタルアーティストによるメインステージ、プレミアデジリアルプロダクションというパフォーマンスを見ることも。



1階


スリルを感じるのが好きな人は、まず1階に目を向けて欲しい。ドキドキさせるような、ワクワクするようなアトラクションを経験することが出来る! 私はまず、激音ライブコースターという乗り物からスタートしてみることにした。


これまで生きてきて、様々なジェットコースターを経験したが、このようなものは一度もなかった。この革命的なアトラクションは一部はジェットコースター、一部はリズムゲームとなっており、ゲストはまずポップ音楽とピカピカするライトが特徴的なリズムゲームをプレイ、そして気分爽快、高速のジェットコースターの乗れば歌って踊って叫び出したくなること間違いなしだ! 


最後にはリズムゲームの結果を見ることも出来る:ビートに一番近かった人が勝者となる。勝利をしても公式な賞が貰えるわけではないが、自慢をするのは自由なのだ。



続いては、ハーフパイプ東京。


これはペアで行うものなので、ライブジャパンのスタッフ・マリアに一緒にやってくれるよう説得した。先述した激音ライブコースター同様、これもまた、乗り物と一緒に別のゲームをプレイ出来るアトラクションである。怪我することなくハーフパイプを乗りこなす気分を味わえるものだ。


それぞれのペアは背筋を伸ばして座り、ベルトを締められ、足元には専用ボードが。振り子のようにゆっくりと左右に揺れ出し、次第に前後にも動き出す。中間を越えると、自分とパートナーはペダルに置かれた足を動かすことが出来るようになり、回転させてくれる。


アトラクションが進むにつれ、速く、更に速く揺られることとなり、結果的にスピンの数も多くなるというわけだ。最後は、最も多く回転したペアの勝利なのである!(しかしながら、目が回る)



2階


揺れて回ってハーフパイプと激音ライブコースターで楽しんだあと、私は少し休んでライブジャパンの編集者クエンティンに次のアトラクションを楽しんでもらうことにした。彼は高速度のボブスレーが360℃回転をしている体感を味わえるストームGというアトラクションに乗った。そして私はクエンティンに何を思ったのか感想を聞いてみた:


「トラックが管状になっていて、コックピットが左に右にってすごく振られて、それでも360℃のツイスト回転をしたものだから、アドレナリン爆発だったよ。2人まで乗れるんだけど、2人だと協力が必要だったり反射も良くないといけないから、難易度は上がりそうだね。僕が勝ったかって? もちろんさ!」


他のアトラクションのように、これにも勝敗はある。ゲームセンターのゲームなどで友達と競い合うのが好きで、もっとエキサイティングなゲームに挑戦したいなら、間違いなくストームGだ!


また、ゾンビハンターに影響を受けたシューティングゲームや、ソニックベースのゲーム、他にも子ども向けのゲームなどもたくさんある。



3階


ジョイポリスの3階ではバーチャルアトラクションが体験出来る。中には例えば「ワイルドウィング」と言う空想世界をグライダーに乗って冒険出来るものや、好きなビデオゲームの世界に入り込めるアトラクションなどがある。


我々もここで少しアクションばかりだったアトラクションから離れ休息を取り、「フォーチューンフォレスト」というアトラクションに足を踏み入れた。楽しくてリラックス出来るアクティビティだ。入場するとき、それぞれにクリスタルが手渡され、これは質問を促し、バーチャルのルーンストーンに触れ、ストーンを選ばせてくれる「森」の中で指定された場所に自由に置くことが出来るものである。


出口では、自分で選択したチョイスを基に、フォーチューンを受け取ることが出来る。このアクティビティは英語および日本語によって開催される。


我々が経験した最終アトラクションは、この日の中でも最も恐ろしい物だった:VR生き人形の間。素晴らしく気味の悪い、ホラーがテーマとなったバーチャルアトラクションでは、VR用ヘッドセットを使用する。


ここでは話し過ぎないようにするが、心臓が弱い人にはおすすめ出来ないとだけ言っておきたい! 13歳未満の子どもは入場が許可されていない。ホラーファンを喜ばせるほどグロテスクだが、大人ですら少し衝撃が大きいものだった。



ジョイポリスを楽しむ


今回ご紹介したのは、ジョイポリスで提供されるアトラクションの中でもほんの一部だけである。他にも様々な乗り物やゲーム、バーチャルアトラクションなどが待ち構えている。中には様々なエリアで、モーションキャプチャー技術を使ったミニゲームなどを体験することも出来る。スタンダードなアトラクションが年中開放されているのに対し、リピーターたちは新しいアトラクションが出るのも待ち続けている。


さあ、アミューズメントパークのファンたち、あるいは雨の日に楽しいことを探している人も、全員。東京ジョイポリスはがっかりさせないぞ!




■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・私、この4月にちょうど遊びに行ったところだったんだけど、本当に楽しかった! ジェットコースターとバイオハザード7が私のお気に入りかな!






・ジョイポリス、最高な場所よね! お金を出すだけの価値はあるって感じ!






・えー、なんでこの記事もっと早く読んでいなかったのかなあ!? ちょうど今日日本発つ日なんだけど! 東京ジョイポリス、次は必ず!






・僕が好きだったのはイニシャルDだったよ。車の中から見る景色、堪らないね!






・何回も行って遊んでるけど、毎回面白いんだよなあ。






・雨の日にでも行けるっていうのが、他の観光とかの予定を決めやすくていいな!






・ひとつの建物の中で激しいアトラクションがあったり、かと思えばVRアトラクションがあったり…。すごいわね!






・素敵! 私は元々セガファンだから、ソニック見たいな!(笑)






・↑ 逆にソニックだけでいいんじゃない?(笑)等身大と一緒に写真撮らなきゃ!






・東京に旅行するとき何をするかもう決まったな! こんなのがあるなんて知らなかったよ。日本にはまだまだ知らないことがたくさんだ。






・怖いのはちょっと苦手だけど、VRって試してみたいかも…。






・東京ジョイポリスに秋葉原にスカイツリーに…。日本は僕が好きなもの全部持ってるな!






・すでに何だか色々あるように見えるのに、新しいアトラクションの開発まで怠らないなんてさすが!






・ちょうど日本から帰ってきたばっかりだけど、今すぐ戻りたい気分になる! もっとちゃんとリサーチして観光すればよかった!






・日本ってこういうことに関するアイディアがすごいんだよな。で、それを現実に再現しちゃう技術っていうのがあるから更にすごいんだよ…。



ひとこと


けっこうお高いのね。


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK