95uw09u09ut49w0uw490u904w



SPONSORED LINK 



概要


有名歌舞伎俳優の妻が死去


ガン闘病生活を送っていた日本のアナウンサー、小林麻央さんが亡くなりました。麻央さんは自身のブログで闘病の様子を綴り、世界から注目を集めていました。


ブログは昨年9月からスタートしました。彼女は、乳ガンと戦っている間の日々の生活、自身が2人の子供の母であることも含めてブログに投稿してきました。ブログは、120万人以上がフォローしています。彼女のブログは、ガンと闘病している人々に大きな影響を与えました。


麻央さんは、今年初めに退院をしましたが、彼女のブログによると、4月に再度入院をしています。昨月、再度退院をし、在宅医療を受けていることについてブログに記していました。

小林麻央さんは、34歳でした。

小林麻央さんは、東京生まれ。大学時代から、TVパーソナリティとしてのキャリアをスタートしました。卒業後、フリーアナウンサーとなり、ニュース番組のキャスターとして活躍。歌舞伎俳優である市川海老蔵さんと2010年に結婚し、2人の子供を出産しました。


昨年6月、夫である市川海老蔵さんが、彼女が約2年間乳ガンの治療を受けていることを発表しました。麻央さんは、昨年9月からブログをスタートさせ、病気との闘い、彼女の息子や娘との時間について詳細に記してきました。


11月、BBCが“今年の100人の女性”の1人に、麻央さんを選びました。ガンと闘う人々やそうでない人々をもブログを通して励まし、影響を与えたことが選出された理由です。


彼女のブログによれば、この5月に退院をして、在宅医療を受けていた、とのことです。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・心からお悔やみ申し上げます。彼女の勇気ある発信、彼女の真っすぐで、開かれた病気への向き合い方は、とてもしんどい病気に向き合う他の人々の助けとなるでしょう。彼女の前向きな考え方は、私たちを照らしてくれていました。





・彼女は人々を助けようとしていたし、実際にブログを通して彼女はそうしていた。こんなに若くして、彼女はガンに襲われてしまった。彼女の愛、子供たちと一緒にいたいと強く願った心は決して死なない。彼女の魂と彼女の家族に神のご加護があらんことを。





NHK・・・。こんなに敬意がない記事を出すなんて・・・。僕は日本人ではないけれど、歌舞伎が好きでできる限り歌舞伎を見ているんだ・・・。尊敬されるべき人がそうされていないのを見るのは悲しいよ・・・。彼女の魂が安らかでありますように。




・レベルの低いジャーナリズムだな。彼女の名前を見出しにつけないなんて信じられない。





・この見出しは最低。彼女は一人の人間であって、“誰かの奥さん”ではないわ。




とても悲しいニュースだわ。でも、NHK。あなたの伝え方はとても残念よ。小林麻央は、“俳優の妻”をはるかに超えている人だわ。





・お悔やみ申し上げます。彼女は、気高く、そして勇気をもって闘ったよ。





・とても悲しい。彼女をいろいろな番組で見たことがあるよ。とても辛い。母と妻を亡くし、とてもとてもしんどいであろう彼女のお子さんたちと旦那さんに神のご加護を。





・すごく悲しいです。あなたの訃報を聞いて、私は泣きました。麻央さん、どうぞ安らかにお眠りください。





・彼女の強さは言葉では表せない。彼女の魂が天国で安らかでありますように。





・とても、とても悲しい、彼女はとても若い。





・彼女は名前があるのよ・・・何なの、この見出しは。





・若すぎるし、早すぎる・・・とても残念です。安らかにお眠りください。





・彼女はとても勇敢な人だ!!!





・ああ・・・彼女は“ブロガー”ではないわよ・・・。





・彼女の名前は、小林麻央。NHK、“日本のガンのブロガー”とか“有名な歌舞伎俳優の妻”ではなく、もっとふさわしい伝え方があるはずよ。どうして、こんな冷たい見出しが書けるの??彼女はとても、とても素晴らしい人で、愛に溢れる母親だわ。お願いだから、もっと敬意を払ってほしい。





・↑ 賛成よ。彼女はとても素晴らしい女性で、彼女自身のアイデンティティがあるわ。





・↑ 彼女は、フリーのニュースキャスターだったわよね?もっと彼女のステイタスについていい表現があったと思うけど。彼女は自分の仕事も持っていたのだし。





・↑ その通り。NHKは、彼女を名前のない奥さんにしたんだな。





・↑ 見出しとしては、これで問題ないと思うよ。彼女の名前は、文中に書かれているし・・・。





・彼女は本当に強い女性だ。



ひとこと


小林さんは世界中の人に勇気を与えていたのですね


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK