89u509u509hu09uhw09



SPONSORED LINK 



概要


いつも注文を間違えるレストラン―その理由は、認知症のウエイターを雇っているから

 

日本のとあるレストランは、認知症の人をウエイターとして雇うというユニークなコンセプトで有名になりました。

 

東京の豊洲地区にある“注文を間違えるレストラン”がお試し期間として、62日から4日までオープンしました。ここでは、認知症を患うスタッフが、注文を間違ってしまうかもしれないことが前提となっています。

 

ブロガーの工藤みずほさんは、このレストランについて、訪問後に賞賛しています。彼女はハンバーガーを注文しました。その通りのものがでてきて、少しだけ残念だけれども、ほっとしたそうです。

 

けれども彼女の友達は、注文したものではなく、餃子が出てきたそうです。工藤さんは、食べ物は美味しいし、働くことを楽しんでいるように見えるウエイターたちとの会話を楽しみ、とてもいい時間が過ごせたそうです。

 

このレストランの目的は、認知症患者への人々の理解促進を高めることと、彼らが社会的な役割を担えるようにすることです。

 

お試し期間が成功に終わり、発案者たちは921日の世界アルツハイマーデーでのイベント店舗のオープンのためのクラウドファウンディングキャンペーンを打ち出しました。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応



・このアイディア大好き。これが世界に広がってほしい。

 

 

 

 

・こんな話、他では聞いたことがないわ。ほんとに素晴らしいアイディア!

 

 

 

 

・毎日でもここでご飯を食べたい!!!!自分のおばあちゃんが恋しいよう・・・(涙)

 

 

 

 

・最高のアイディアだと思うけど、ちゃんとアレルギーについては気を付けててほしい。

 

 

 

 

日本のお年寄りは、孤立しているし、無視されているように思う。お年寄りに“たくさんの愛と尊敬を”って言うだけではだめだよ。アメリカのように、もっと色々すべきことがあるよ。実際、日本にはお年寄りのホームレスによるコミュニティもあるしね。

このレストランは、日本での高齢者の扱いを正しく表していないと思ったんだ。でも、このレストランのアイディアは、素晴らしいし、こういうお店があるのは最高だと思うよ。これが、日本や世界に広がっていくといいな。

 

 

 

 

・なんていうか、これって高齢者を見世物みたいに扱ってるように感じるの。彼らは、どんな食べ物が出てくるかを推測して、“忘れちゃって、かわいいわ”なんて言うためのペットではないわ。ばかげてるわよ。

 

 

 

 

・↑ そういうのではないよ。記事の中でもちゃんと説明されてるよ?認知症の人々だって、やることが必要なんだよ。仕事をするっていう役割は、彼らにとってより良いことだよ。

 

 

 

 

・なんて素晴らしいの。私の祖母はアルツハイマーで、最初の3年間は大丈夫だったのだけれど、その後は24時間介護が必要になってしまったのよ。

 

 

 

 

・いいコンセプトだと思う、でもウエイターが見世物になってしまわないために気を付けなければならないとも思うよ。アメリカでは、高齢者に対して尊敬することに重きが置かれていなくて、ネタの宝庫として思っている人々がいることを、僕は知っているからさ。

 

 

 

 

・日本は移民を受け入れていないから、高齢化社会への対抗策として、お年寄りをより活用しなくてはならないんだよね。

 

 

 

 

・“いつも”間違えるわけではないよね。記事のタイトルは正しくつけてほしいな。日本は、質の高いサービスで有名だよね。もしもいつも間違いを起こしてたら、産業は成り立たないんじゃないの。

 

 

 

 

・↑ うーん、君はちょっと内容を誤解してないかな?ある特定のレストランについての話だよ、しかも運営期間は数日間だけだし。

 

 

 

 

・これは旅行者の僕にとってはちょうどいいよね。だって、日本語がよくわからないから、何を頼んだのかわからないし・・・(汗)。

 

 

 

 

 

・もしも彼らが変な食べ物を運んで来たら、もしくはアレルギーのものだったら、どうするの??そして、認知症は“ばか”ってことじゃないのよ。彼らは、プレートをお客さんのところへ持っていくのに十分な記憶力を持ってるわ。この記事を読んで、ちょっともやもやした・・・。

 

 

 

 

・これは素晴らしいけれど、日常的にあるような店ではないと思うよ。

 

 

 

 

・うんうん、でも若い人々にリーダーとして引っ張っていってもらえるように若者を指導していくことが大事だよ。お年寄りに頼るのは、すごくよくないよね。

 

 

 

 

・ここに行ってみたいなあ・・・。初期の認知症の人々にとって最悪なことの1つは、自分が間違えた現実を見ることなんだけど。この写真のお年寄りたちは、ショックはなさそうだね。

 

 

 

 

・素敵だと思うけど、一方で深刻なアレルギーがあるお客さんにとってはすごくストレスだと思う。

 

 

 

 

・素晴らしい。彼らは、働きたそうだし、とてもわくわくしているのがわかるわ。

 


ひとこと


ほのぼのしたお婆ちゃんだけを集めた「おばあちゃんカフェ」があってもいいと思う



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK