3409ug09u3093u90340q9



SPONSORED LINK 



概要


MacBook Airがベネチア・アート・ビエンナーレでリンゴを切る

日本人アーティストの島袋は、ベネチア・アート・ビエンナーレで、日常の「博物館」を作り出すために昔の道具と現代の器具とを対照的に比べながら人類の歴史を皮肉に伝えている。

 

クリスティン・メセルによる展示の ‘viva arte viva’ の一環として、 ‘sharpening a macbook air’ (macbook airを研ぐ) というビデオを展示している。これは島袋の文化への魅了に基づいているものだ。

‘sharpening a macbook air’ は島袋がMacBookの端を砥石で研磨し、遂には刃のようになる過程が映されている。

 

最後には、このMacでりんごを半分に切っているーこれは最も原始的な技術だろう。ベネチア・アート・ビエンナーレでは、この刃物のような物体のと一緒に、動画が展示されてて、アーティストの関与が見れるようになっている。動画はコンピューターを研ぎ、そしてそれを道具として利用するプロセスが示されているのだ。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・そういえば、これを真似した友達がいたような・・・?

・同じことをやりたそうな友達のために、中古のコンピューターを見つけたよ!

・端を切る=Cutting edge=最先端をもじって、最先端の技術(笑)

・これって芸術なの?うーん、理解できない。

・特に新しいニュースでないし。知ってたよ。

・Appleでアップルを切る(笑)

・馬鹿げているようにしか見えないけど、展示されているってことは芸術なのかな。

・プロでないとできないよね!?

・MacBookをこんな風に使ってしまうの?

・冗談だよね?Apple製品を僕はこんな風に研いでしまえない!

・僕には無理・・・!こんなことできない。

・古いMacのいい利用方法だ。

・こんなことできるの?スクリーンと本体は別になってるのかな。だから削れる?

・これは芸術でない。ただのジョークだよ

 

・すごい!斬新で面白い発想だね。

 



ひとこと


寝っ転がってPC見ている時に首に落とすとほんと痛いです



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK