0945g905ug9-2-2i



SPONSORED LINK 



概要


有名ディスカウントストア、ドン・キホーテ、初の東南アジアストアをシンガポールにオープン

 

シンガポール―日本の有名ディスカウントストア、ドン・キホーテが初の東南アジアストアをシンガポールのオーチャードエリアにオープンさせることとなった。

 

6月5日(月)に公開されたプレスリリースでは、開店日やその他詳細については後日発表されるということだ。

 

プレスによると、ストアには素晴らしい日本の商品が並べられるという。

 

ドン・キホーテグループおよび、パンパシフィックインターナショナルホールディングスは、このストアは東南アジアの中では成長計略の中心地となるだろうと話した。

 

日本では「ドンキ」と親しまれるドン・キホーテは、1989年、初の一般ディスカウントストアとしてオープンした。

 

低価格で様々な商品を販売し、夜遅くまでの営業、中には24時間営業のものもあるとして知られている。

 

店舗は350にも及び、客の累計者数は年3億にもなる。また、連結売上は日本円で8000億円にも及ぶ。

 

歳入や営業利益は27年間連続で伸び続けていると、プレスリリースは発表。国外では、ハワイで2006年以降3店舗の運営がされている。

 

パンパシフィックインターナショナルホールディングスはシンガポールを基盤とした、海外企業を扱う親会社である。

 

同都市で2013年に設立され、同年9月、同グループは、カリフォルニアに9店舗、ハワイに2店舗を運営するマルカイコーポレーションのグループ企業となった。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・ドン・キホーテ進出だって! 日本旅行をしたときに行ってみたけど、ひとつ屋根の下に家電製品から食品まで揃っていて、本当に凄いと思ったよ。

 

 

 

 

 

・シンガポール人は絶対にハマること間違い無しだね! 本当にそれぐらい、ドン・キホーテは何でも揃っているんだもの。しかも安いしね。

 

 

 

 

 

・どうやらここの経営者は、ちゃんと消費者の意欲がどこに向かっているか理解しているようだね。シンガポールはその傾向なんかもどちらかと言えば日本寄りだから、ビジネス展開するにはぴったりさ。

 

 

 

 

 

・ついに日本の「ムスタファ・センター」がシンガポールにやって来る! 待ち切れないよ!

 

 

 

 

 

・もしオーストラリアにもドン・キホーテがあれば毎日行くのになあ。もっと海外展開してくれないかな!

 

 

 

 

 

・間違いなく流行ると思うよ。成功するって僕は確信しているよ!

 

 

 

 

 

・メイク道具や家電製品、衣料品なんかも置いてあるけど、同じ建物の中に食品類もたくさん取り揃えられているから、スーパーの代りとしても使えるのが嬉しいよね。

 

 

 

 

 

・日本では格安を謳ってるけど、シンガポールだとどうなるんだろう? オープンしたら行ってみるよ。楽しみだ!

 

 

 

 

 

・名前からしてスペイン料理店か何かと思っちゃった(笑)日本なのにドン・キホーテ。何だかわくわくする名前ね!

 

 

 

 

 

・これって商品も日本製なのかな? だといいなあ! 私はずっと日本製の商品をサポートし続けるわ!

 

 

 

 

 

・私がいつも「ドンキ」で買うのは、シャンプーとコンディショナー! これがまた、安いのに製品がしっかりしてて使いやすいんだよね。

 

 

 

 

 

・凄い! これはもう日本に行く必要なくなるんじゃないのってぐらい嬉しいわ! ドンキって本当に最高。

 

 

 

 

 

・ドン・キホーテかあ。僕は初めて聞いたな。だけどこんなにもサポートされてるってことは素晴らしいお店なんだろうね。オープンしてみたらぜひ一度行ってみたくなったよ。

 

 

 

 

 

・素敵! デートで行くのも楽しそうじゃない?

 

 

 

 

 

・ドン・キホーテって面白グッズなんかも売ってるのが良いよね。品揃えが凄すぎる!



ひとこと


小銭をレジに置いてくれるシステムは海外でも採用されるのでしょうか



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK