tfufufuyfyufutrwaestrdytfugi687



SPONSORED LINK 



概要


劇場版「BLAME!」レビュー

 

1998年に出版された弐瓶勉のデビュー最高傑作「BLAME!」は2017年に映画化され、最近ではNetflixでの配信がスタートしました。

 

無秩序な階層都市を彷徨う主人公の霧亥(キリイ)は、ネットスフィアに正規にアクセスする為の「ネット端末遺伝子」を持つ人間を求めて放浪します。

 

複雑で凝縮するのが難しい作品ですが、映画では村民目線でストーリーが展開され、彼は謎めいた者として描かれています。

 

霧亥と仲間のシボは、都市を守るためにプログラムされたセーフガードから村民を守る為に時間との闘いに挑みます。

 

ロボットと戦う人々には性格など無く、多くが犠牲になる様はまるで戦場のようで悲しんでいる暇もありません。

 

霧亥の銃捌きや、怒りと苦しみに満ちたその存在感は忠実に再現されています。触れるもの全てを破壊する武器「重力子放射線射出装置」は最強で、音響から映像に至るまで圧倒的な迫力は見逃せません。

 

今作では人間性よりも、アクション部分に焦点を当てています。絶望的な状況に置かれた人々の描写と、素早いカメラワークのおかげで息を飲むようなクオリティになっています。

 

結末としては、予想通りのとてつもない戦闘シーンで締めくくられています。原作の全てが伝わらないのは残念ですが、素晴らしい戦闘シーンを作るという目標は達成されています。


 

 


■引用元




SPONSORED LINK 


海外の反応


・CGのクオリティが半端じゃない!

 

 

 

 

・映画独自の世界観が作り出されていたと思う。

 

 

 

 

・大ファンだけど、映画も最高だったよ!

 

 

 

 

・2、3回見直さないとちゃんと理解できないかも。

 

 

 

 

・Netflixにもっとアニメが増えるといいな!

 

 

 

 

・「シドニアの騎士」を彷彿とさせるね。

 

 

 

 

・今夜見る映画はこれで決まりね。

 

 

 

 

・原作を読む前の入門としても良いと思う。

 

 

 

 

・原作のユニークさと世界観が見れて良かったよ!

 

 

 

 

・村人目線ってとこで深みを増したね

 

 

 

 

・都市の描写がとんでもなく美しかった!

 

 

 

 

・サプライズが詰まった作品に仕上がってたと思う

 

 



・友達におすすめしたい作品だわ。

 

 

 

 

・急いだ感はあるけど、Netflix的には良い作品だった!

 

 

 

 

・これを見て原作が読みたくなったよ!



ひとこと


電車が臭くなる季節になりました



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK