57d76f66878t78t78t78t8



SPONSORED LINK 



概要


坪井直氏、平和への長旅

 

2016年5月、当時の米国大統領と原子爆弾から生き延びた被爆者の間で広島にて交わされた握手が記事の一面を飾った。被爆者、坪井直氏は、原子爆弾が落とされた当時、20代であった。

 

彼はかろうじて生き残り、その後何年も米国への憎しみで苦しんだ。

 

しかしこの出会いが彼の心を変えるきっかけとなった。

 

以後彼はその人生を、放射線の後遺症と闘いながら、世界から核兵器をなくすためにと尽力してきた。92歳、平和への旅はまだ続いている。

 




■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・彼は間違いなく人間らしさの代表格だと思うな。本当にこういう風に前に出てくれてありがとうって気持ちで一杯だね。

 

 

 

 

 

・アメリカは謝罪すらしていないのに日本は許してる…なんて素晴らしい心なの。

 

 

 

 

 

・↑ 昔神道の聖職者たちがそういう教えを説いたんだろうね。多分仏教ではないよ。

 

 

 

 

 

・ちょっとセンシティブな話題だね。でも…許すことはできても忘れることはできないからね。

 

 

 

 

 

・私も早く核兵器がなくなればいいのにとは思うかな。そうすれば日本の想いもまだ少しは報われるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

・NHKのドキュメンタリーの中でも最高に良いものだった! こうして当時の人々に話を聞く機会なんてほとんどないからね…。

 

 

 

 

・彼はとても人格者なんだと思う。自分が同じ立場だったら許せるとは思えないよ・・

 

 

 

 

 

・広島かあ。日本の中でも僕のお気に入りの場所ナンバーワンかな。2011年にやっと行くことができたんだよね。

 

 

 

 

 

・日本人の心の平和がこのまま続くことを本当に祈っているよ。

 

 

 

 

 

・原子爆弾によって起こった爆発は地表の温度を6,000℃まで上昇させるんだよ。

 

 

 

 

 

・↑ そうやって全く無実の国民が亡くなっていったんだね…。

 

 

 

 

 

・米国はこのことに関してどう思っているのか…。

 

 

 

 

 

・何で彼らは広島と長崎、両方に2種類、違うタイプの原子爆弾を落とす必要があったと思う? 人体実験をしたかったからさ。

 

 

 

 

 

・普通の国民の中には戦争になんて何も参加していなかった人だってたくさんいたはずなのにね。自分の家族が…って考えたら怖くなる。

 

 

 

 

 

・みんな真珠湾のことを持ち出すけど、真珠湾はそもそも軍を狙った攻撃だったんだよ。だけどアメリカは何の罪もない国民を狙った攻撃だった…。

 

 

 

 

 

・当時生きていた人たちの苦しみは一生なくなることはないんだから、とっても哀しいことだね…。



ひとこと


92歳とは思えない血色の良さ

普段何を食べてるのか気になります



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK