ohg89389g89538003



SPONSORED LINK 



概要


細田守監督の次回作について

「おおかみこどもの雨と雪」や「バケモノの子」、その他細田守監督作品を鑑賞したことがある人であれば、同監督が真に素晴らしい映画作品を監督してきたということをご理解いただけると思う。

 

そんなあなたに良い報せがある。彼が新作、「Mirai」を製作しているというのだ。

 

Varietyによると、Miraiは、妹が生まれることになり、悩む4歳の少年についての物語である。不思議な庭が少年を過去にタイムスリップさせ、まだ少女だった彼の母親に会わせるというまるで魔法のような展開が待ち受けている。

 

細田監督はVarietyにそのアニメの特徴として、「Miraiは両親の愛を取り戻そうとする少年の物語」だと語った。細田監督は自身の映画は通常、家族や家族間の関係をテーマにしていることが多いと言う。

 

Miraiがどれほど個人的なものかと尋ねると、細田監督は「兄妹の物語にしようと思ったのは、私自身の2番目の子が生まれたときに、長子が新しく家族になる赤ん坊が親の愛情を奪ったというように嫉妬をしたからです」と話してくれた。

 

監督によると、そのことでこれは人間の基盤として元々持っている欲望であるということに気付いたのだと言い、これが映画に大きく影響している。

 

しかし「Mirai」は「おおかみこどもの雨と雪」や同監督作品「サマーウォーズ」と似ているのだろうか? 下記のものが監督とVarietyとのやり取りである。

 

 

「サマーウォーズ」や「バケモノの子」は映画の中でも違ったカテゴリーに分けられます。私にはこの新作は「おおかみこどもの雨と雪」や「時をかける少女」に近いように思えるのですが…。

 

 

まあ、そうですね。人によっては私の作品は2つのカテゴリーに分けられるでしょう:「サマーウォーズ」や「バケモノの子」はアクションフィルムっぽくて、「時をかける少女」や「おおかみこどもの雨と雪」、それからこの新作は人生や世代による経験などに焦点があてられており、ヒューマンドラマにより近いと言えます。

 

「サマーウォーズ」ではアクションを通し、主人公が様々な問題に打ち勝っていくというのは事実ですね。それからこの新作はよりヒューマンドラマらしいというのも事実です。

 

 

「バケモノの子」と新作では似ている部分も?

 

はい、私は「おおかみこどもの雨と雪」を監督しましたからね、「バケモノの子」を作ることも出来ました。それによって新作を手掛けることも出来ましたよ。

 

それぞれのプロジェクトが新しい景色を見せてくれるので、私を進化させてくれます。しかし同時に、前作を含め、首尾一貫したものになっているのです。何故なら私は小さな子どもたちと人生を共有しているから。

 

この経験が自分の幼少期を思い出させるきっかけとなり、私が育ってきた環境とはまた違った景色を見せてくれます。

 

この感覚が命がどのようにして繰り返されるのか、生や時間がどのように積み重ねられていくのかを教えてくれます。新作では、こういった命や時の流れを感じることができます。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・この監督の「バケモノの子」や「サマーウォーズ」は今まで観てきたアニメ映画の中でも最高傑作だった! 新作も待ち切れないな。

 

 

 

 

 

・細田監督、アクションカテゴリーに焦点を当てればいいのにな。そっちの方が才能あって向いていると思うけど。

 

 

 

 

 

・アニメ映画界にはたくさんの監督がいるけど、この監督が一番だよ!

 

 

 

 

 

・新作を観る前に細田監督の作品は全てチェックしておかなきゃ!

 

 

 

 

 

・「バケモノの子」は悪くなかったよ。うん、悪くなかった。だけどすごく面白いとも言えなかったなあ…。

 

 

 

 

 

・僕は4つとも全部観たことがあるよ! 新しいの、早く出ないかな!

 

 

 

 

 

・細田監督作品は全部好きだけど、唯一「バケモノの子」だけは観たことがないんだよね。この機会に観てみようかな。

 

 

 

 

 

・「バケモノの子」は最高だった! ただエンディングだけは私のタイプじゃなかったけど…。でも全体的には素晴らしい作品だったな。

 

 

 

 

 

・常に細田監督の新作に目を光らせている僕としては、こんなに嬉しいことはないね!

 

 

 

 

 

・ジブリ作品以外で素晴らしい長編アニメ映画を挙げようと思ったら、やっぱり細田監督をすぐに思い付くかな。

 

 

 

 

 

・アニメ映画だけとは言わず、どんなカテゴリーに属する映画を入れたとしても「おおかみこどもの雨と雪」は一番だったよ!

 

 

 

 

 

・「サマーウォーズ」はかなり良かった! 当時何回も観たよ、ほんと。

 

 

 

 

 

・細田監督が作る物語ってなんかもう驚異的な影響力を持ってる気がしてならないね。

 

 

 

 

 

・細田監督! 大ファンなの! 「Mirai」かあ…。なんか、テーマも身近にあるものだから素敵。

 

 

 

 

 

・あんまり細田監督の作品は観たことなかったけど、唯一観たことがある「バケモノの子」は最高傑作だったなあ! 人生で一度は観なきゃいけない映画のひとつだよ。



ひとこと


未来で待ってるからー!!


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK