894298y98y4984y98y



SPONSORED LINK 



概要


おどろおどろしいフリーホラーゲーム

 

気味の悪い文面と、水色の画面、そして壊れた町―数週間前にitch.ioにて公開されたビジュアルノベル、幽霊駅は、こういった要素を組み込んで、プレイした後にもしばらく後を引くようなホラーゲームである。

 

幽霊駅は、日本への旅行を元に作品制作をしているゲーム開発の二人組、フランスの漫画、そしてAtelier Santoによって創作された。

 

プレイヤーが操作するのは、気味の悪いメールを受け取り、その発信源を探るために電車に恐怖の電車に乗り込むことを決意する少女である。

 

幽霊駅は2日間のワークショップで、高校生たちと共に製作された。

 

開発者たちはほとんどの時間を水の色とゲームに使用した美しい手書きイラストに費やした。このゲームで描かれている、よくあるスマートフォンの表現から、幽霊や古びた神社までの全てがとても魅力的である。特に私は主人公が幽霊駅で下車する直前のイラストが気に入っている。

 

彼女は長い間見捨てられていた街の淵に立ち、唯一零れ落ちてくる提灯のオレンジの光は、どこか不吉で哀しげである。

 

多くの短編、インディーズホラーゲームは、おどろおどろしい雰囲気を作り出すためにグロテスクな画像に頼るところがあるが、幽霊駅は雰囲気的に身近にありそうな景色を使っているのだ。

 

プレイしてみると主人公が誰かを探しているのが分かり、気味の悪いメッセージはその人からのものではないかと思えるのだが、その全てがイラストを通して細かく並べ立てられるというよりは、なんとなく理解できるといった感じなのだ。

 

この短編のメインが何かが結局分かることはなく、しかしそのはっきりとしない謎めいた感じがまたクセになるのだ。

 

このゲームの簡単なパズルは何かが起きるという予感を感じさせてくれる。ホラー要素のように、パズルもまた私の興味を引いた。そしていくつかのパズルをコンプリートすることによって、さらに深くまでこのゲームの世界に迷い込んでいるかのような気分になるのだ。

 

幽霊駅のようなタイプのホラーゲームはプレイ後も暫く後を引く。

 

主人公は何度も繰り返し観察されているようだと呟く。さて、ニューヨークの憂鬱な月曜日には、私も似たような気分になる。

 

首元が怠く、電話がポケットの中で震え、その瞬間こう思うのだ。

 

「誰かが私のこと見ているような気がする…」

ゲームのHPはこちら。ダウンロードもここから出来ますがPC専用です 



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・私もたった今プレイしたところなんだけど、雰囲気好きだな。ただちょっと短すぎるような気もしたけど…。

 

 

 

 

 

・携帯でプレイできないのが残念過ぎる!

 

 

 

 

 

・へえ、面白そうだな! 最近パソコン開いてなかったけど、久し振りに使ってみようかなあ。

 

 

 

 

 

・フリー? 気味の悪い? これはもう試してみるしかないね!

 

 

 

 

 

・どうしよう! やってみたいような怖いような…。これが怖いもの見たさかな…(笑)

 

 

 

 

 

・↑ プレイしたあとは電車に乗れなくなりそうだけど(笑)

 

 

 

 

 

・ああ、僕はダメだな! ホラーゲームはどんなのも無理だった!

 

 

 

 

 

・これがパソコン用のクリックとかで動かすゲームだってのがひとつ、残念なところだなあ。iPhoneだと使えないもんね…。

 

 

 

 

 

・うわあ、これは絶対楽しい! 間違いないね!

 

 

 

 

 

・最高におどろおどろしいね! 最高傑作!

 

 

 

 

 

・たとえ自分の好みじゃなかったとしてもプレイしてみなきゃ分からないし、フリーだからやってみるだけの価値はあるよね!

 

 

 

 

 

・私、ホラーゲーム大好きなの! 色々やり尽くしちゃったから、こうして新作がどんどん出てくるのは最高ね!

 

 

 

 

 

・早速ダウンロードしちゃったよ(笑)短いみたいだからこれからすぐにプレイしてみる。

 

 

 

 

 

・本当に、なんだか気味の悪い雰囲気と刹那的な哀しい雰囲気が伝わってくるイラストね…。芸術性を感じる!

 

 

 

 

・この青々しいイラストがたまらないね!



ひとこと


自分の怖い妄想に自分で怖くなってトイレ行けなくなったこと何回もあります


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK