349yg9843y98y8934y



SPONSORED LINK 



概要



※以下、動画内コメントの抜粋


遠藤さんのような家族は珍しくありません。


日本の家族は子供たちに毎日一人で学校に行くようにさせます。

小さい子供たちに自立することを学ばせます。


「はじめてのお使い」というテレビ番組は長年日本で愛されている番組です。


「日本人ならだれでも、親から1人で行って1人で帰ってくる簡単なお使いを頼まれる経験があります。」

 

ジェイク・アデルステインは西洋にはない文化を見つけた外国人の一人です。


「駅に向かって歩いている時に、リュックを背負った子供たちが歩いてくるのを見て、親はどこなの?子どもたちは安全に道を渡って学校に行けるの?と思った経験があります。私の娘が4歳か5歳の時に、1人で学校へ行くと告げて家を出ました。私は娘の後を追いかけたのですが、特に何も問題はありませんでした。その時に、日本ではこれが普通なんだと思いました。


こちらはシドニーのフレイザー家の朝です。

「私はフレイザーで、妻と10歳の娘、エミリーと暮らしています。」


インタビュアー

「今まで1人で学校に行ったことがある?」


エミリー

「ないです。」


インタビュアー

「4歳で1人で学校に行く日本の子供たちについてどう思う?」


エミリー

「すごい。高校生になったら1人で学校に行って、自分でカギを持ちたいです。」


調査では子供たちは自分で学校に行きたいと思っていることがわかりましたが、親は違うようです。


スクラビー 歩行者カウンセラー

オーストラリアでは子供たちだけで道を横断することを危険だと考えています。文化的な背景もありますが、スクールゾーンに近づいても自分勝手な運転をする人が多いです。」


アデルステイン

「日本では子供たちの送り迎えをすることをあまりよくないと考えています。もう一つは子供たちが自分で家から学校まで安全に登下校できるように社会ができています。


日本の犯罪率はとても低いです。オーストラリアよりも5倍の人口ですが、犯罪率はオーストラリアの方が4倍高いです。


アデルステイン

「かわいい子には旅をさせろの意味は、子供を愛しているなら、子供に賢くなってもらいたなら、何かをさせたり旅をさせたりするべきだという意味だと思います。」


フレイザー

最近の子供’にはあまり自由がないと思います。でもこれが今の時代の状況なんだと思います。でもよく考えてみると親が過保護になりすぎているかもしれませんね。」



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・日本が本当に安全な国だという証拠ね。インドでは子供や女性が1人でいることは危険すぎるし、とても悲しいことだわ。





・日本の親子の関係が見える日本文化のいい一面だと思うし、西洋の国の人たちも子どもたちの自立を促すために試してみてもいいかもね。親は仕事で忙しいし、いつもそばにいてあげられないからね。このように接してあげることも子供たちの将来のためにいいと思うよ。





・僕はこれを自立だとは思わないよ。いつも同じ道を行ったり来たりしているだけで、電車も同じ時間にいつもくるし。でも日本にも変な人はたくさんいるから少し怖いけどね。





・↑ 実際に日本は世界のどこの国に比べても安全な国よ。





・日本では安心して行きたいところどこへでも行ける国よ。





・イギリスで子供を1人で歩かせるなんて考えられない。誘拐されたらどうしようって心配になるわ。





・アメリカでは親がスクールバスに乗せるところまでしないといけないんだよ。日本は素晴らしい国だね。





・アメリカでは絶対に見ない光景だね。小児愛者が多すぎるから。





・なんてすばらしい文化で、高い社会的基準だわ。犯罪率が高い国では不可能なことね。





・アメリカでは不可能だね。危険すぎるわ。





・日本人女性と結婚して日本に住みたい!





・日本旅行で行った時に、そういえば小さい子供たちが1人で電車に乗っているのを見たわ。私の国とは全然違うわ。とても感心したわ。





・日本ではそれぞれの人が人としてちゃんと尊重されて生活しているよね。インドとは大違いよ。





・日本は安全だもんね。メキシコは男でも1人でいたら危険だよ。





・もう1つ日本文化で尊敬できることを見つけたわ!もし日本に行くチャンスがあったら日本人からいろんなことを学びたいわ。



ひとこと


と、、東京の小学生すごすぎる

通勤ご苦労様です!!!


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK