666e5e56e57e7e75e



SPONSORED LINK 



概要


現代東京においては、ゴジラは極小


ゴジラ第1作は、1954年に上映され、核戦争の恐ろしさを比喩した存在であった彼は東京の街を恐怖におとしいれました。


それから60年後、私たちが核の息を吐く巨大な生き物を想像する時、きっと足でビルを踏みつけ、日本人エキストラたちが恐怖で逃げ惑う姿が浮かぶでしょう。


コアでないファンは見落としがちですが、初代ゴジラは、公式では50メートルの高さであり、これは現代のビルの高さと比べると大きくありません。


日本のツイッターページ@FUKUBLOGでは、怪獣の王が2016年の東京に放たれたとしても、決して目立たない、という画像を紹介しています。破壊の巨大怪獣というよりは、まるで迷子の子どものように見えます。


実際、ゴジラの身長は映画から映画で劇的に変わっていっています。最近上映された、シンゴジラでは、シリーズ中最も背の高い怪獣が出てきます。


このインフォグラフィックスでは、ゴジラのサイズを年毎に解析しています。ここには、決して成功したとは言えない98年のアメリカ版ゴジラも含まれています。


2014年のゴジラの驚くべき成功により、人々のゴジラへの興味は高まっています。人々が、核破壊に対しての怒りをこれからも忘れないように切に願います。


 5ee7e76e7e77e767e67e67



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応



ふふふ、なんかかわいい。ゴジラ・・・。





・わかんないよ・・・海に核のごみがどんどんたくさん捨てられているから、今後数年のうちにゴジラが育っていくんじゃないかな・・・。





・あああ、ゴジラに神のご加護を!





・だから、シンゴジラでは大きさが118.5mだったんだよ。





・ジラ(アメリカ版ゴジラ)の大きさって、どうなの??





・ゴジラは、まだたくさんのダメージを与えているんだなあ。





・ゴジラ、昔から比べて、大きくなったなあ。





・だから、新しいゴジラは、110~118メートルの高さなのさ。





・元祖ゴジラを倒したオキシジェンデストロイヤーは、まだ効くのかなあ・・・。





・心配しないで、ゴジラは、街を小さくしちゃうから。





・なんてこった、ゴジラがシムシティ2000CGIの東京を攻撃しているー。





・明らかにゴジラがいけてないことに気付いてしまった(涙)





・↑ そんなことないーーーー!どんな大きさでもゴジラは強いトカゲだよー。





・98年のゴジラ映画はひどかったけど、アニメシリーズはめちゃめちゃ良かったな。





・うーん、ゴジラはまだ歩く核爆弾なんだな・・・。核の息を吐くし(単純に火を吐くん

じゃないんだよね!)、ほとんどの攻撃が効かないし・・・、まだまだ危険な存在なんだな。





・でもさ、ビルの素材は昔から変わっていないよね。だから、今も壊せるんじゃないの。あと、ゴジラは自分よりも大きい相手とも戦ってたよ。僕たちが廃棄したものによってゴジラはできてきたんだ。僕たちには彼を止められない、オキシジェンデストロイヤーを除いてはね・・・(もしもこれが実在してればだけど)。





・1950年代の東京は、いかに小さかったかってことになるよね。




ひとこと



新旧ゴジラの身長一覧は見てて面白いですね



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK