67r7668877997y98y89



SPONSORED LINK 



概要


ペルソナ5の魅力に影響を与えた怪盗紳士


ペルソナ5は、東京に集まった歪んだ欲望を盗む盗人になる怪盗団「メタバース」に焦点を当てている。


主要キャラクターたちはこの怪盗団の中でコスチュームチェンジもある。ペルソナ5の主人公はゲームの中では発話しないが、衣服を通して必要な情報は得られるようになっている。


ペルソナ5の主人公は初期のペルソナのように、プレイヤーが悪魔たちとの戦闘で使用する、キャラクターたちの無意識の欲望を投影させたアルセーヌを所持している。


シリーズ内ではほとんどのペルソナたちが神話をモチーフとして設定されているのに対し、ペルソナ5では典型的な詐欺師や怪盗から始まっている。


アルセーヌは怪盗紳士と謳われたアルセーヌ・ルパンを参考にしており、主人公やペルソナたちは彼のようなコスチュームを見に纏っている。


アルセーヌ・ルパンは、1905年アルセーヌの初登場でシャーロック・ホームズと敵対させたフランス人小説家モーリス・ルブランによって手がけられた小説である。


ペルソナ5の主人公が衝突するカフェの名前にもなっている。アルセーヌ・ルパンの物語の内容というよりは、キャラクターデザインや怪盗紳士の振る舞いなどに、強く影響が出ている。


彼は物腰柔らかでスマート、少し落ち着かせる必要がある金持ちからのみ宝石類を奪うのだ。作中でも、「泥棒成金」に出てくるジョン・ロビーの影や、「インセプション」の主要キャラクターですら目にすることが出来る。特に、アルセーヌ・ルパンは、「カウボーイビバップ」のスパイク・スピーゲルにも影響したルパン三世の祖父という設定にもなっている。


多くの怪盗紳士の原型は物腰柔らかで小さな口ひげを生やしていることから見られるが、その内幾人かはコスチュームによって表されている。トップハットや単眼鏡の他、ルパンは通常、赤の入った派手なマントを纏っているというように表現されることが多い。


ペルソナ5の主人公はマントは着用しないが、赤い線の入った黒いトレンチコートを着ている。襟は顔が隠れるほどのハイネックとなっていて、裾部分はまるで生きているかのように跳ね上がっている。


防寒するためのコートではなく、出口を作りたいときに振り回すためのものである。また、主人公はとても単眼鏡とはいえないマスクをかぶっているが、顔を隠すには面白いやり方だと思う。


アルセーヌ・ペルソナは大袈裟なトップハットが非常に目立つ。帽子というよりは、頭の上に乗った煙突といった感じなのである。


アルセーヌはまた、ナイフを隠した靴と同様に、巨大な黒い翼を持っている。ペルソナに出てくる文字通り男性性器を乗せた手押し車を彷彿とさせるマーラと比べて、アルセーヌは、主人公の持つ無意識の欲望をぼんやりと描いている。心の眼では、主人公は文字通り、極限状態にまでなった怪盗紳士なのである。


主人公とペルソナたちの衣装は、フランススタイルのベル・エポックからヒントを得ている。


普仏戦争の終わりから第一次世界大戦の序盤まで続いたベル・エポックは「美しい時代」と訳され、フランス芸術と文化の最盛期でもあった。アルセーヌ・ルパンの衣装は、彼が造り上げられたベル・エポックのスタイルを強く反映しており、伝説的なシャルベのような衣服商が華やかなパターンや生地を公に公開した時代であった。


ルパンに良く似合う三つ揃いのスーツと帽子からはセンスの良さと大量の富を見て取れるが、全体を見ると、見ようによっては、皮肉とも取れるだろう。


彼が変装をするやり方は富の誇示である:泥棒は通常トップハットやシルクなどを着用したりしないのだ。少なくとも、マントを被り、トラブルメイカーなどではないはずである。


ペルソナ5のアルセーヌはこれらの服装を悪くしたようなモチーフとして反映されているが、主人公の見た目はルブランの物語のように、もっと活発でやんちゃなものとなっている。


彼のウェストコート、マントにグローブからは強いこだわりを感じるが、同様に、その礼儀正しさと劇文学の要素も併せ持っている。彼は三つ揃えのスーツに身を包んだ高校生であり、―外見を気にするのだ。彼のズボンはくるぶしに向かうにつれて細くなっており、ジョガーパンツと同様のスポーティな印象を与えてくれる。



(ジョガーパンツが何か知りたいのであれば、スウェットでオフィスに行っても何とか見逃してもらえそうなズボンというのを想像してみて欲しい)さらに、美術館・博物館、銀行やエジプトの寺院などに盗みに入るのであれば、ズボンの裾が何に引っ掛かることもないのだ。


主人公が履いている靴は先の尖ったものだ。


15世紀のクラコウというスタイルの靴に影響されており、これはレザー生地で出来た、先端が尖ったくるぶし丈のブーツである。


ガレージロックが流行ったときに60年代のイギリスで出てきたもので、2000年代後半にも僅かの期間ながらガレージロックの復活が見られた。そんな歴史があり、怪盗団にうってつけの反抗心を見付け出したのだ。


対して、彼の現実世界での外見は全くもって対照的である。眼鏡を掛け制服を着用し、主人公はほぼ大人しいだけの人なのである。しかしメタバースの世界では、彼は強い意志を持った反逆者として頭角を現す。


これらの要素を組み合わせると、秘密を持った男というものが想像出来ると思うが、それがなんとも愛しく思えてもくる。


このキャラクターはルパンやその先祖たちに対する敬意を表しているが、見ようによっては、単なるアルセーヌ・ルパンのコスプレというだけではないのだ。


ペルソナ5の始まりで、主人公は面目を失った状態で東京に引っ越してきたばかりで、過去を隠すように言われている。


メタバースでは、本来の姿が体を包む―彼は本来名を挙げたいと思っている情熱的な子どもなのだ。


それがマスクを着けトレンチコートを見に纏えば、出来ることなのだ。



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・ああ、うん! 彼のペルソナはアルセーヌ・ルパンだったね!






・ペルソナのキャラたちはほとんど犯罪者とか強盗の類に影響されてるよね。






・ゲームは好きなんだけど、主人公のデザインはちょっと「かっこよすぎて」好きになれないなあ…(笑)






・これ読んだらルパン三世観たくなっちゃった!






・まだ僕は「男性性器が乗った手押し車」のペルソナには会ってないなあ!(笑)






・悪役の中には本物の話を使ってものもあるって聞いたよ。






・↑ 多分最初のだけね!






・本当にペルソナ5って面白いよね! 記事を読んでただけでもわくわくしちゃう!






・正直に話すと、彼がコンタクトレンズに替えたのか、それともそこまで視力が悪くなかったのかっていうの、どこにも説明されてなくない?






・↑ 正体がバレないために眼鏡掛けてたとか? ありじゃない?






・↑ 確かにフラッシュバックの中では眼鏡を掛けていたかもしれないね。だからもしかしたらファッションアクセサリーとして掛けていた眼鏡だったのかも…。






・↑ よし、じゃあこの機会に、こういうことにしとこう! 視力も本当は最悪なんだけど、マスクの上から眼鏡を掛けたらあまりにも格好悪いということで、掛けられないとかね(笑)






・本当の挑戦っていうのは、これと似ていない漫画を見つけることよ…。






・ルパンのことは事細かに分かったけど、今度は他のキャラクターたちのバックグラウンドが気になってきちゃったなあ。今すぐペルソナ5について調べることにするよ!






・僕はまだペルソナシリーズを超えるゲームに出会ったことがないよ! ずっと何歳になってもプレイし続けるつもりさ。



ひとこと


ペルソナ5とゼルダは海外でも大好評のようです


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK