45g54g45g4g45




SPONSORED LINK 



概要


【フェラーリデザイナー、ケン・オクヤマがJR東日本の豪華寝台列車デザインを手掛ける】


JR東日本が50億円を投資して豪華寝台列車を開発しているという発表をしてから、3年が経とうとしている。


東京で開催されたセレモニーでその列車が披露された。


「TRAIN SUITE四季島」といって、日本の工業デザイナーであり唯一の非イタリア人フェラーリデザイナーでもあるケン・オクヤマがこの列車のデザインを手掛けている。


オクヤマ氏は2017年5月から運行を開始する豪華寝台列車をデザインする上で、インテリアに和紙と木を組み合わせた。


3gg52g24g54g54g54



しかし34人の収容人数で、コストも結構掛かる。最高使用となっている2階には、個室風呂とこたつが付いている。


3泊4日の国内旅行で1人950,000円($8000)だ。しかし既に6ヶ月先まで予約で一杯となっているということである。


もしかすると魔法列車のホグワーツエクスプレスのように、TRAIN SUITE四季島も東京の上野駅にプラットフォーム13.5が出来るかもしれない。

rerevrg442242t3
 



■引用元
1


SPONSORED LINK 


海外の反応


・すごい! こんな列車見たことない!






・確かにとっても魅力的ね。だけど年間5,000人しか運べない計算になる…。ちょっと小さすぎるかもしれないね。






・うーん、ちょっと高過ぎるかな。






・デザインがとても素敵! さすがケン・オクヤマ!






・こんな至れり尽くせりの列車に乗れて8,000円っていうのは結構悪くないと思うな。






・次に日本旅行をするときは前もってこの列車に予約しておくことにする!






・運行開始は5月からか…。半年ぐらい余裕を見て予約しておいたらいいのかな? ぜひ乗ってみたいね。






・全然高過ぎるってことはないじゃない! これだけの設備があるなら通常の値段だよ。






・ついに来たって感じ! 早く乗ってみたいなあ!






・すごく落ち着きそうな列車ね。こたつや温泉なんて、普通の旅館みたい。






・日本の良さがたっぷり詰まった、ならではの列車だね。






・この列車に乗るために、2回目のハネムーンにでも行こうかしら?






・人数が少ないから余計、プライベートな空間が強調されてリラックスした旅が出来そうだね。






・量より質って言葉がぴったりだね! 収容人数は少ないけど設備がちゃんとしてる。






・さすが日本! こういう発明にかけては天才だね。



ひとこと


生きているうちの一度は乗ってみたいものです



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK