3480ug9034g340g93408348g



SPONSORED LINK 



概要


関市での刃物祭り体験


以下の動画では投稿者が岐阜県関市で行われた刃物祭りに訪れる様子が紹介されています。関市は刀や包丁で有名な都市であり、その歴史は鎌倉時代から続いています。


刀だけでなく、戦後の今でははさみ、ポケットナイフ、カミソリの全国一位のシェアを誇っています。


この刃物祭りでまずジョンは売られている様々な種類の包丁を見比べていきます。2万円台にのぼる包丁など高そうに見えるのもありますが、それは特別な材料を使い手作りで丁寧に作られたという証拠。


そしてジョンの目に留まったのはダマスカス包丁と呼ばれる、独特の模様が付いた包丁。67層もの鋼鉄を重ねて鍛造されることによってこの縞模様を演出することができるそうです。


結局ジョンは2万円ほどする家庭用の三徳包丁の購入を決意。持ち手の部分までも美しく形作られたこの包丁に満足げの様子です。


このような美しい刃物たちは職人たちによる細部まで抜かりのない職人技の賜物と言えるでしょう。ジョンは実際に職人たちによる刀の鍛接の工程を見学します。


1300度までに熱された炭の中に職人たちは刀のもととなるものを入れて柔らかくし、その後それを取り出して折り返し、伸ばしていき、その工程を10-15回ほど繰り返していきます。


しかしこのような鍛冶職人になるには、4-5年の見習い修業を積んだ後に免許を取る必要があります。そして伝統的な方法で刀を作るとなると、なんと一本に二ヶ月もの時間がかかるそうです。


そして次に、刃物祭りで行われていたチャンバラをみて自分も刀が欲しくなったジョンはこの祭りで売られている刀達を見て回ります。本物の刀となるとなんと40万から60万円ほどするので、ジョンは刀身の部分がない、ディスプレイ用の刀を購入して侍気分に浸ります。


そして最後にこの刃物祭りを思いっきり満喫したジョンはこの一日のことを振り返り、関市の刃物祭りを「日本の魂が感じられるお祭りだ」と言って締めくくるのでした。



■引用元



SPONSORED LINK 

海外の反応


・ディスプレイ用の刀で100ドルか…悪くないね!自分に一つ欲しいよ!





・この動画に映されている包丁はどれも美しいね!





・波模様の包丁なんてすごくクールだね!





・素晴らしい刃物たちだね!とっても興味深いよ!





・このダマスカスナイフかっこよすぎ!!ロマンがあるよ!





・これ見た後、キルビルの半蔵の刀のシーンが見たくなったよ!(笑)





・これ見たら関市をぜひ訪れてみたくなったね!!





・これらの包丁をすごく買いたくなったよ!!自分の地域で手に入れば嬉しいんだけどな…





・ディスプレイ用の刀でも本物に見えるね。家に一つ飾りたいな!





・刀、侍、忍者好きの自分にとってはここに行かないわけにはいかないね(笑)





・次に日本に旅行した時は関市に行ってみるよ!良い包丁を手に入れられるんだからね!





・圧倒的なクオリティの刃物たちだね。本当に感心するよ。





・やっぱり日本の職人たちはすごいね。日本人ならではの細やかさが包丁から見て取れるよ。





・これらの刃物がどれほど鋭くても、僕の鋼のハートを斬り割くことはできないね。それにしても素晴らしい刃物だね!





・日本の三徳包丁ずっと欲しかったんだよ!それがどれだけ凄いのかたくさん耳にしたことがあるんだ。




ひとこと


わたしも行ってみたいです



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK