66t8t87t78t78t87



SPONSORED LINK 



概要


“出ていきなさい。もう二度と来ないでください”


―日本政府は2011年の放射能事故によって福島県から自主避難している人々への責任をごまかしている、と投げかけたレポーターに対して、日本の復興大臣である今村雅弘は、こう答えた。




■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応



・この部分だけでは、何もわからないよ。実際に何があったかは,一部分だけではわからない。





・この大臣はいい人で、質問した記者に刺激されただけなんだ。安倍晋三でも同じことを言ったと思うよ。怒鳴るのは日本の文化じゃない。だから、この記者の質問が一線を越えてしまっただけなんだろう。





・ここ最近、自身のことをジャーナリストって呼ぶ人たちは、自分たちが正しいってことを証明したいがために、そして、自分たちを正当化したいがために、相手に自分たちが期待している言葉言わせようとしている。これって、真実だったり、責任あるプロのジャーナリズムから大きくかけ離れていると思うわ。





・これは、日本において、人がいつも感情をコントロールしなくてはならないという、いい例だと思うよ。彼は大臣の職を辞めなくてはならないと僕は思う。だって、公共の場で怒りを見せたんだから。彼が正しかったとしても、怒って叫ぶなんて、私たちの国ドイツでは受け入れられないよ。





・日本のジャーナリズムは、過激な左翼だって、いつも感じていたわ。




・うーん、まるでドナルド・トランプみたいだな。





・どうやら彼はアメリカから、メディアの扱い方を学んでしまったようだな。





・彼はTVに出て、もう謝っただろ!こうやって、他のニュース番組で問題をほじくり返すのはやめなよ!!!(怒)





・で、この大臣とトランプの違いって、何?(爆)





・今村雅弘さん、政府の公人として、自分をコントロールしなきゃだめじゃないか。自分の価値を下げてしまうよ。





・実際にここで何があったか、全体を見せてくれませんか、NHKさん?





・うわー、この大臣のおごりはすさまじいな。議員の仕事は彼には向いていないよ。いや待てよ、彼は誰かに似てないか・・・





・煽ってくる相手に対しては、笑顔で対応するのが一番効くんだよ。





・えー、ほんとにこんなこと言ったの!??





・どうでもいいかもしれないけど・・・大臣のネクタイが気になる・・・。





・もしもここでのコメントが真実だとしたら、このやりとりのどの箇所も編集されるべきではない。すべてを見ることができたら、みんな公正に判断できる。





・この記者が大臣に何を言ったかを知りたいわ。





・うーん、大臣が怒鳴る・・・・悲しいニュースだね。





・会見の全容を見てみましょう。これだけじゃ、判断できない。



・ちょっと待ってよ、NHK。この悪質な編集に対して、何かコメントしなよ。もしくは、そうね、あなたたちが“ごまかし”てるのかしら?世論がどんなであれ、いつだってすり寄っていけるって思ってるでしょ。そして、もしも自分たちの立場が悪くなったらこうやって返すのね。“報道や言論の自由が脅かされている!!”ジャーナリストたちは、そう叫んで、すたこら逃げていくんでしょうね。





・このビデオは、意図的に編集されている。大臣が叫ぶ前に、この悪いインタビュアーが大臣に対して無礼に口汚く罵しり、叫んだんだ。 




ひとこと


動画が短すぎてGIFアニメかと思いました



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK