34u9g034u9g03u90g309u



SPONSORED LINK 



概要


知っておきたい日本の桜の伝統


桜を見ながら桜の木の下でピクニックをする日本の古くから伝わる伝統行事の花見は、春を迎える最良の方法です。


花見とは、ほかの日本語にもあるように、言葉にならない雰囲気や心情やアクティビティを表しています。「花」と「見る」から成り立っていますが、花を見るだけの行事ではありません。


日本で花見というと、桜や梅のが咲いていることを言います。


桜前線という桜の開花状況が伝えられ、花見ブログやニュースや、花見限定メニューもあり、2月の沖縄の桜の開花から5月の札幌の桜までを特集する番組もあります。


国中の家族や友人、同僚でさえも予定を立てて、桜を見ながら食べて歌って一日を過ごします。これは国の娯楽でもありとても大きなイベントでもあります。


沖縄で育った時は花見というものは桃色の桜の木の下で家族と春の訪れを喜ぶものであり、今帰仁城での夜のイルミネーションを見て回るものでした。


大学時代の東京では、代々木公園で友人と花見をしているときに食べ物がなくなり、ピザを注文したら桃色のカーテンの私たちが座っていたところまで届けてくれました。日本で花見をしたいと考えているなら、下記をチェックしておいた方がいいかもしれません。


歴史:日本での桜の開花の岩井は何世紀も前から行われています。8世紀から桜は人気で、豊臣秀吉が1598年に花見を京都の醍醐寺で開催しました。17世紀の終わりごろからは一般市民の間でも人気になりました。



■するべきこと

長い時間過ごせるように時間を確保して下さい。桜の開花期間は短く、家族や友人と春の訪れを祝い、自然のありがたみを感じて過ごすのもあっという間です。


コンビニエンスストアなどで、おにぎりや桜餅など季節のものを選んでください。カラフルな桜弁当や桜にちなんだ商品をコンビニエンスストアやデパ地下で買うことができます。


花見の場所を確保したいならピクニックシートを先に敷いているとよいでしょう。必要以上の場所を確保しようとしたら、周りから冷たい目で見られるのでやめましょう。



■絶対にしてはいけないこと

木に敬意を払いましょう。


暗黙のルールですが、木を揺さぶったり、木に登ったり、桜の花を摘んだりすることは決してしないでください。


花見と言う独特な体験は、短い期間しか咲かない桜のはかなさ、自然の美しさと繊細さ、仲間と分かち合うということが基盤になっています。


■引用元
1


SPONSORED LINK 

海外の反応


・あと3週間で日本に行けるよ!すごく楽しみ!ちょうど花見の季節だよね!





・花見の体験ができることが待ち遠しいわ。5週間後には日本よ!





・あぁーー僕もいつか行ってみたいよ。





・アメリカにも桜はあるけれど、日本のように花見なんてしてる人見たことないわ。





・日本の自然を敬うところが大好き!





・去年お花見に行ったけど、優雅な雰囲気を楽しむイメージがあったけれど、僕の周りには酔っぱらって騒がしい人たちが多かったよ。それはそれで楽しかったけれどね笑。





・僕は一度も日本人が桜を見るように桜を眺めたことがないよ。いつもピンクの花が咲いてると思うだけだよ。





・花見なるものをしてみたくてしょうがない。





・日本までもう少し!楽しみすぎてもうすでにワクワクしているわ!





・ほかの国も日本の様に、もっと自然を大切にして楽しむべきだよ。





・日本の春は私の大好きな季節よ!また日本に行きたいわ。





・日本には季節ごとに楽しいイベントがたくさんあるね!





・お花見をしたけれどすごく楽しかったわ。友達と集まって桜の下で食べて飲んで、写真もたくさん撮ったし素敵な時間を過ごすことができたわ!





・アメリカの桜もきれいだよ!日本よりも色が薄くて白っぽいけどね!





・本当に美しいわ。桜を大事にしようとしている日本人の行為も素晴らしいわ。




ひとこと


新潟市の内野小学校では花見の季節限定で夜間の校庭が一般開放されます

なかなか粋なはからいですね


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK