r67r68t8787t87t78t78



SPONSORED LINK 



概要


町を自由にうろつく汚染イノシシ


2011年の原発事故以降、空になった町は汚染イノシシたちが徘徊して、彼らの生息地と化しています。


浪江町は人に危害を食らえる可能性もある、放射能に汚染されたイノシシに頭を抱えています。


「今では町を仕切っているのが人間なのかイノシシなのかわからなくなってきている。」と馬場有町長は話しました。「イノシシを駆除して人間の町に戻さなければ、もっと野生化して生殖地が広がり状況が悪くなる。」


浪江町は福島の北に位置する町で、6年前の震災と原発事故後に放射能が広がった町です。


土曜日に6年目を迎え、3月末には避難指示解除準備区域となち、市民たちは町に戻る準備をしています。


しかし市民町を出た時、イノシシは山から下りてきて町で生息する町となりました。


現在、汚染イノシシが生息しているにもかかわらず、21,500人の市民の半分にも及ぶ人々がそれぞれの家に戻ることを決めているということが調査で分かりました。


ニューヨークタイムズによると、日本政府は国の安全基準の300倍ものの放射能数値のイノシシが、ここに生息していることが判明したそうです。


避難指示区でもある富岡町は800匹のイノシシを駆除ましたが、市の役員はこれでもまだ数が少ない方だと話したとニューヨークタイムズは報告しました。


13人のイノシシ捕獲隊は、週に2回イノシシをおびき寄せる罠を30か所設置しているといいました。


たくさんの食べ物があって、彼らを追うほかの動物はいない。居心地のいい場所を見つけ、新しい家を見つけた。」



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・汚染されたイノシシの肉を食べるとどうなるんだろう。





・凶暴なイノシシが汚染されているイノシシなんて怖いね。





・イノシシが汚染されるなら汚染されたらいいと僕は思うよ。戻ることを決めた人達は子供が一緒じゃないことを願うよ。何の目的で戻るか気になるけどね。





・原発の心配じゃなく、海へ流れ出ている汚染水をどうにかしてほしいわ。





・汚染イノシシはアメリカにもいるわよ。大統領として行動してるわ笑(トランプ大統領に対しての皮肉)





・ホワイトハウスにも汚染されブタがいるよ笑





・原発から今まで以上の数値の放射能が漏れているのに、どうして今戻るの?





・アメリカにも汚染ブタがたくさん目撃されていて、彼らはトランプに投票したらしいよ笑。





・ゴジラみたいに、これを元にした映画もできるのかな?





・ホワイトハウスにも野生ブタが走り回っているよ爆笑。





・ちゃんと処理をしないからこうなるんだよ。日本がかわいそうだとはそんなに思わないよ。





・イノシシたちもかわいそうだね。





・アニメみたいな話だね。





・ゴジラって放射能で大きくなったんだよね?イノシシの映画はいつかな?笑






・そのイノシシの中の一人がアメリカの大統領になったみたいだね!笑



ひとこと


残念ながらほとんどヘイトコメントでした

所詮海の向こう側の他人事なのでしょう



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK