94yg89y489gy89gy98y


SPONSORED LINK 

概要


ディズニー社が2016年全世界興行収入トップ5を公表し、「君の名は。」が「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」と「ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー」という世界的に有名な2つの作品を打ち負かした。


この作品はまさにダークホースで、この映画の監督は今までに一度もこれほどの爆弾を落としたことはなかった。日曜日に行われたアカデミー賞で取り上げられることはなかったが―オスカーにまで手を伸ばしているズートピアが長編アニメ映画賞を得た―日本では現象となっている。


「君の名は。」は日本の映画で2番目の興行収入を得ており、国内興行収入は242億($21,400)となっている。これは過去15年間で最高の売上となる。新海誠監督は天才と呼ばれ、自然と、オスカー賞を受賞した「千と千尋の神隠し」を生み出したスタジオジブリの宮崎駿監督の後継者であるとされてきた。


「我々は“これは日本で売れる”とも、“世界にも通用する”とも考えていませんでした」と、「君の名は。」の東宝プロデューサー弭間友子(はずま ともこ)氏は話した。「我々は新海監督に自由に作品を作ってもらいたかったんです」



アニメ映画はハリウッドでも日本のものが一番成功を収めている。2016年に公開された興行収入トップ5の海外映画はオスカー受賞の「ズートピア」や「ファインディング・ドリー」、「ペット」である。


そして「君の名は。」はリピーターを獲得し利益を得ているが、それでもなお、2014年ヒットのディズニー映画、「アナと雪の女王」と同じような成功を収めたいのであれば、劇場公開される最後の数ヶ月も継続していかなければならない。(アメリカ公開のためにレコーディングされた、「君の名は。」の主題歌英語詞バージョンが現在公開されている)


「君の名は。」は4月までアメリカでは公開される予定がないが、中国と韓国で大きな成功を収めている


「日本は重要な成功を商業的成功に転換させる機会を逃し続けてきたのです」と南カリフォルニア大学で映画学教授を務めるリピット・アキラ氏は語る。「日本のシネマが根底に置くパラドックスは、とてもクリエイティブで頑丈で、世界中を見ても面白いのです」



■引用元
1


SPONSORED LINK 


海外の反応


・「君の名は。」は素晴らしい映画だよ、みんな! 良い映画はいつもアニメからさ!






・僕が若いとき、「映画に行こう」と話すときは大抵ハリウッド映画を観に行くときだったよ。今は、若い日本人たちは、映画について話すときは大体アニメを含む日本の映画のことなんだろうな。






・正直に言うと、日本のアニメ映画ってあんまり賞を受賞できるかどうかは考えてないような気がする。もっと違うステージで考えてるよね。






・「君の名は。」がオスカー獲れなくて本当に悔しかったなあ。2番目の興行収入だったのに…。






・私はこのアニメ映画観たことあるけど、最高だったわ! 北米でも早く公開しないかな!






・宮崎駿のジブリ作品以外が賞をとれる日が来るんだろうか…。






・そりゃそうだ。ハリウッド映画だって、日本では数ヶ月後とか遅いときは数年後に公開されるときだってあるぐらいなんだから。






・スター・ウォーズとゴジラは僕にとって同じようなもんだけどね。






・責められないね…。シビル・ウォーは本当にがっかりだった…。






・典型的映画よりアニメの方が数倍楽しいよ!






・2017年に受賞したアニメ作品トップ5はどれもつまらなかったな…。






・日本にいたとき「君の名は。」を観て本当にハマったよ!






・今までで一番好きな映画! 前々前世、ずっとね!






・やっぱ「君の名は。」は目の付けるところがいいんだよねえ。体が入れ替わっちゃうとかさ。ゴジラに関しては何ともいえないけど…(笑)






・他のとは比べものにならないぐらい好き! 「君の名は。」はもはや芸術の域だと思ってる。大量生産されたヒットのうちのひとつなんかじゃないよ。レベルが違う!



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK