flxmyzushzfv0k1ysogz


SPONSORED LINK 

概要


ストリートファイターチャンピオンの次世代を育成する日本人女性に熱い注目



ストリートファイターのプロゲーマーの裕子さん「チョコブランカ」さんに電話をかけた朝の11時ごろ、夫であり伝説のストリートファイターチャンピオンでもある百地祐輔さんはねむっていました。


夫婦共にストリートファイターでありチームでもある彼らは、最近日本人の育成学校の運営を開始しました。


スタジオを借り教室を作り、日本人ライバル達への興味を再燃させています。裕子さんは管理と運営を担当し、この時間はももちが休む時間だと説明しました。


「彼の仕事は起きてストリートファイターをプレイすることです。」と彼女は言いました。「生徒達が来ればもちろん、起きて指導をします。」夫婦が目標とする次世代のストリートファイターチャンピオンのは裕子さんの肩にかかっています。


彼らは「忍ism」という会社を設立し、日本のストリートファイターを活気づけようとしています。ほかの優れたプロゲーマーが世界的に有名になって日本に帰ってきましたが、ストリートファイター5のこれからははっきりとしていません。ストリートファイター5は2016年に発売されましたが、それほど人気ではないようです。マニアの中では勢いが欠けているといわれています。


裕子さんと百地さんが2016年に忍ismを設立し、海外で活躍できる新しく最強のストリートファイターを育てることを目標にしています。「アメリカにはNuckleDuや若いプレーヤーがいますが、日本人プレーヤーは少ないです。」ストリートファイター4のベテラン達は30代になり、ゲーマーでとしては若いとは言えません。「今若い世代を育成しないと日本のプレーヤーはもういなくなるかもしれないと思います。」と裕子さんは言いました。


ストリートファイター4に出会うまでは、裕子さんはゲームをしたことがなく、2008年に発売された時は自動車産業の勉強をしていました。ストリートファイター4の発売後に友達に連れられてストリートファイターをプレーすることになりますが、最初は昇竜拳すらですことができなかったそうです。友達がプレーするのを見て興味を持ち、上手になりたいと思うようになりました。その後、毎日通うようになりました。


裕子さんは主人公のリュウでプレ-していましたが、その後ブランカに出会いました。ブランカの優れたスピードと長いリーチと破壊力から、裕子さんはブランカを選び、ストリートファイター4にはまっていきます。


ずっと練習に通っていたゲームセンターでアルバイトとして働いていた頃に、トーナメントに参加しました。裕子さんはブランカのテクニックをマスターしていたので、自信がありました。トーナメントはとても難しく、彼女を応援しているのも1人のと友達だけで、ほかの人たちは彼女を部外者の様に見ていました。しかし、ストリートファイター4のベテランの方が彼女に声をかけてアドバイスをしてくれました。彼女が女性だったからです。


「女の子だったから困難なこともあったけれど、女の子だから得をしたこともあった。」と話しました。


これらのトーナメントに参加している時に裕子さんは百地さんと出会いました。百地さんの才能に気付いた裕子さんは、その後一緒にトーナメントに参加するようになります。


2011年にはサンフランシスコを拠点としたEvil Geniusesに所属することになりました。その後2017年1月にはカリフォルニアのチームEcho Foxへ移籍しました。


裕子さんにとってストリートファイターは生活の一部です。今は百地さん一緒に3人の生徒の指導をしていて、もっと生徒を集めているところです。生徒からは一切料金を取っておらず、百地さんの2014年のCapcom Cupでの優勝賞金30,000ドルで運営しています。百地さんのストリートファイターでの戦いがこの若者たちの神経を研ぎ澄ませ、戦略を強くさせています。


dcdcleopgrslfbxejxnt
 


今月の初めには百地さんの弟子である15歳のハクが、日本トーナメントで上原大吾から勝利を奪い取りました。去年大吾さんはストリートファイター5は2017年も生き残っているかはわからないと話していましたが、ハクがプレーするならその心配はなさそうです。


次世代のプレーヤーの育成の手助けをしている裕子さんですが、ストリートファイターの将来に不安を持っています。日本のコンピューターゲームの基盤がアメリカに比べるととても弱くなっていると話しました。アメリカでは食品や飲料会社がスポンサーを申し出ますが、日本のコンピューターゲームはゲーム関係の会社に頼っているのが現状です。


そこで彼女は、生徒たちに世界レベルの体験をさせることを決意しました。昨年彼女と百地さんは、3人の生徒、ハク、ジョニー、山口をラスベガスのEVOへ連れて行きました。3人とも勝つことができました。


裕子さんは、アメリカやヨーロッパのスポンサーたちが、忍ism生徒たちの成長を見ることができるように、オープン育成しています。日本でのストリートファイター5の力が弱まっていますが、生徒たちはオンライン、TwitchやYouTubeでプレーしています。


裕子さん自身も、夫の百地さんと対戦しているTwitchチャンネルを持っていてm25,000人のフォロワーがいます。それ以外の時間は忍ismでトーキョーオフラインパーティーの開催の企画をしています。
 

「休む時間がありません。」と裕子さんは語ります



■引用元



SPONSORED LINK 


海外の反応


・彼女がコーチしてくれるなんてすごいよ!!!




・素敵だね!パワーカップルだよ!





・チョコブランカは最高のプレーヤーだよ。





・彼らに次の世代を育成する時代が来たんだね。





・初めて聞いたニュースだよ!





・ストリートファイターが日本で終わりそうになっているということは、楽しくないからじゃない?それをCapcomにわからせて、楽しくなるように修正させるべきだよ。





・プロゲーマーの妻と夫だって。とってもかわいいね。





・本当に育成しようとしてるの?





・ケンをプレーした人の中で、百地は日本で一番だよ。この二人が若者の指導をしてるってすごいね。二人ともすごいプレーヤーだよ。





・3人の生徒の将来が楽しみだねきっと素晴らしい選手になるよ。





・日本よりもアメリカの方がストリートファイターは人気なんだね。驚いた。





・みんなチョコブランカのことを尊敬しているよ。





・これがこの二人のフルタイムの仕事になってるの?どうやってやりくりしているのかな?





・私も自分の空いている時間に生徒たちに教えているわ。ストリートファイターをマスターするにはスキルと訓練が欠かせないと私も信じているわ。





・百地は僕の大好きなプレーヤーしチョコブランカのダイナミックなプレーも大好き。素晴らしい人々だし素晴らしいカップルだね。




SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK