723y79y98y98y89


SPONSORED LINK 

概要


日本中の小学生は革製の“ランドセル”と呼ばれる鞄を持ち運ぶ。伝統的には、子どもたちは2種類ある色のうち1つを選ぶことになる:男子は黒、女子は赤である。しかしながら最近では、それも変わってきている。


オランダの言葉“ランセル”(バックパック)を由来とする“ランドセル”の値段は、ものによって変わってくる。$80前後での購入も可能であるが、多くの両親が購入する全革のものは$300前後であり、素材や日本製か否かによってはときに$800や$900、それ以上にまでのぼることがある。


大半のランドセルは日本で作られ、それがセールスポイントにもなる。覚えておいてほしいのが、これらの鞄は1年生のときから6年生までずっと使用されるという考えのもと作られているということである。子どもたちが6年間同じ鞄を持つため、良い鞄である必要がある。


2014年の上旬まで遡り、アメリカの女優、ズーイー・デシャネルがニューヨークでランドセルを背負っている姿が目撃された。これは日本の朝のテレビ番組であるが、日本人にとって大人がランドセルを背負っているというのは非常に驚くべきことなのだ。


日本では強く子ども時代を思い浮かべられる。また、このランドセルがファッションとして使われていることも日本の視聴者を驚かせた(日本のヒップスターの中にはアイコン的に持ち運ぶ人もいるにはいるが)。


ライトレッドやブルーなど、赤や黒以外の色も存在するにはしたが、様々な色やデザインが発表され始めたのはここ10年間の話である。もしかしたら以前の世代は、昔はなかった普通とは違った色や今日存在しているような種類の鞄に対して多少否定的だったのかもしれない。


日本のファッションは90年代から2000年序盤にかけて非常に自由になった。これらの年代の若者たちは今や親となり、それがランドセルの形も自由になってきている理由なのかもしれない。


それらが頭にあっても、私の長男は黒いランドセルを背負っていた。赤も同様であるが、未だ最も多く使われている、また伝統的な色であるのだろう(注意:女の子の中には黒いランドセルを使う子もいる!)。



■引用元
1



SPONSORED LINK 


海外の反応


・前$80のバックパックを持っていたけど…12年ももったよ。まだちゃんと使えているけど、1年間バイクトリップしたらジッパーの部分が壊れちゃった。日本に行ったとき、日本って物価高いなあと思ったけど、でもほとんど全部のものがちゃんと作られているし長持ちするからクオリティーは最高だよね。






・私は15歳の子どもがいるんだけど―40ユーロのバックパックはまだちゃんと使えてるよ。あんまり格好良いって見た目じゃないけど、何にでも使えるし。学校でも、ビーチや旅行なんかにもね。






・ランドセルならアマゾンで買えるんだけど、輸入品ってだけあってやっぱり高いよね。でも確かにランドセルって機能的だし、普通のバックパックよりもちゃんとしてる。






・ユメタウン(日本のモール)で$500ぐらいで見かけたよ!






・ああ、いつも日本の子どもたちがどんなバッグを使ってるんだろうって気になってたんだよね。だってこっちで見かけるものと全然違うんだもの。






・↑ 1年生から6年生までずっと使うものだよ。






・ドイツの学校に通ってたときを思い出した! ほんと、価値があるものだよね!






・私はいいや…。こういうの使うんだったら、シャネルかルイヴィトンを買うかな(笑)。






・“ランセル”っていうのは多分とっても古いオランダ語なんだと思う。私たちがバックパックを説明するときには絶対使わない言葉だもの。今は“ラグタス”って言ったりするよ。






・私はスイスのバックパックが好き!






・高校生だったときはかなり欲しかったんだよね! 昔はスニーカーとバックパックを一緒にコーディネートするのにハマってたから…色んな違ったバックパックを持つの好きだったんだ。でもちょっと高過ぎたな…。






・私は楽天で11,000円で買ったよ!






・でもランドセルはファッションのためじゃないでしょ…。






・私は学生じゃないけど、これらのバッグはとってもトレンディーだし欲しいなあ。



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK