67r78t78t78t78t78t78t87@


トランプ大統領による移民排他思想に影響を受けた人たちがイスラム教徒を襲撃・殺害しているそうです。


この話題になるとアメリカでは必ず第二次世界大戦時代の日本人収容所が例に出されるのですが、今回の記事ではアメリカ人の青年と日本人収容所いた方がいまアメリカで起こっていることと、これからについてインタビューを行っています



SPONSORED LINK 

概要


日系人強制収容所を生き抜いたジョージ・タケイ。イスラム教の若者たちへメッセージ。


1941年2月7日、日本海軍が真珠湾を攻撃したとき、ジョージ・タケイはまだ子供でした。大統領フランクリン・ルーズベルトが大統領令9066号を発令し、12万7000人もの日系人がアメリカの収容所へ送られました。


日系人の強制収容の恐怖はアメリカ歴史に残る醜い過去です。FBIは家族から父親たちを連れ去り、「日本人出ていけ!」という乱暴な言葉が書かれた看板が並べ、家にはいたずら書きがされ、メディアでは反日系のニュースが流れていました。


2017年1月27日には大統領ドナルド・トランプが120日間イスラム系7か国からの難民とビザ保有者の入国を禁止する大統領命令を出しました。トランプはバイオメトリクス出入追火がつけられた追跡システムの完成を進めることも命令しました。


トランプの大統領命令は、アメリカ国内でのイスラム教に対する暴力と議論に続いて起こりました。モスクには火がつけられたり、豚肉製品を使ったいたずらをされたり、脅しの手紙を受け取ったこともありました。8月にはクイーンズのオゾンパークのモスクで、イスラム教の指導者とそのアシスタントが銃撃にあいました。


その日曜にはトランプに影響された白人男性が武装した状態で、ケベックシティのモスクへ行き6人を殺害しました。


トランプの行動に強く反論したタケイ氏は、歴史を繰り返すことを拒否し、トランプ政治の標的とされたイスラム教徒たちと立ち上がる「Never Again」を立ち上げました。


Micは俳優であり、活動家でもあるタケイ氏と、トランプや1940年代の大統領命令のもアメリカの生活を送っていた日系アメリカ人の時代と今日のアメリカに住むイスラム教徒を比較しながら、電話を通してインタビューをしました。



Mic:第二次世界大戦中の日系アメリカ人と、今日テロの恐怖からイスラム教アメリカ人には共通点があります。これらはどこから来ていると思いますか?


タケイ氏:トランプがイスラム教徒の入国を規制を発表したとき、私たちは日系アメリカ人のミュージカル中でした。真珠湾攻撃後、日系アメリカ人は真珠湾を攻撃した者と見られました。日系アメリカ人はひとまとまりにされ強制収容所へ送られました。


それは恐怖感と無知からきていて、政治を引っ張る者のリーダーシップとしては失敗です。そして今まさに同じことが起こっています。これはトランプの無知が原因になっています。



Mic:イスラム教アメリカ人の若者として、自分の両親の世代にとてもがっかりしてます。抗議の声をあげているのも若い世代です。イスラム教徒の親たちは子供たちにアイデンティティを抑えつけるように教えていると聞いたことがあります。同じようなことはありましたか?


タケイ氏:10代の時、父にどうして抵抗しなかったのか、抗議しに行かなかったのかと聞いたことがあります。父は「もし自分が1人だったら抵抗も抗議もしていた。


でも家族がいる。銃を持っている彼らに立ち向かってもし私が打たれたら、あなたや家族はどんな目に合うと思う?」と答えました。


「アメリカの民主社会の形は世界でも一番いい形だ。それは人々が作った社会だからだ。でもその一方でその人々民主社会は、誤りを犯すかもしれないと判断された人間によって作り上げられたものだ。」と父は言いました。



Mic:9.11の事件からイスラム教の子供たちはイスラム教であることから迫害に直面しています。第二次世界大戦後のあなたの状況を考えるととても心が痛いです。



タケイ氏:戦後収容所から解放された時も大変でした。憎しみはまだ張り詰めたままでした。政府がすべてを奪い、とても貧しく、解放された際には一人20ドルずつ与えられました。


ロサンゼルスに戻った時も周りには敵意を抱く人ばかりで、仕事や家を持つことも不可能でした。学校でも日系人であることから差別を受けました。


その後も「どうしてみんなが僕のことを嫌うんだろう」と思いながら育ちました。このような経験から脅えてしまう子供たちもいるかもしれませんが、私は強い心を持つことができました。


成長の過程で素晴らしい教師たちにも出会い、いい人達もいるんだと思うことができました。




Mic:あなたの経験から、イスラム教の若者たちにどのようなメッセージを送りたいですか?


タケイ氏:この多様性の中で私たちは自分の強さを見つけるのです。


そうすることによりもっといい人になれます。若者たちにはいろいろな問題が立ちはだかっていますが、自分が何者かということを忘れないでください。


本当の自分を隠すことも必要かもしれませんが、その時が来たら社会に立ち向かえるように準備をしていて下さい。それがあなたの強さになります。



■引用元
1


SPONSORED LINK 

海外の反応


・自分の肌の色などで阻害されるなんてとても悲しいわ。いい方向に進むどころか、逆の方向に走っているわ。トランプは悪い腫瘍のようなもので、取り除かないといけないわ。





・トランプが選挙で勝った瞬間に、たくさんの人が人々がどれだけ無知かが明らかになったよね。今でも「トランプは普通の人」と話す人がいるけど、全く普通ではないよ。もうこのようなクレイジーな人を理解するのはあきらめたよ。ホワイトハウスの人々が物事を悪化させてるよ。戦争が起こりませんように。





・ジョージ・タケイの言うことは悲しいけど正しい。トランプがいなくなるまでアメリカは暗く深い闇に落ちていくよ。





・これは歴史の繰り返しじゃないと思うよ!イスラム教アメリカ人達は収容所には入れられてないからね。





・第二次世界大戦後の日本人の強制収用は間違っていたと思うわ。このようなことは二度と起こるべきではないわ。





・本当だよね。今の政府は同じ方向に向かってると思うよ。





・すぐにトランプの時代が終わると信じよう…4年かそれよりももっと早く終わることを祈るよ。





・1941年は戦争の時代だったんだよ。そんなに大げさに言わなくていいと思うけど。





・↑ またバカな人がコメントしてるね。戦争中だったとかそうではなくって、収容所に入れる理由として、やり方が同じだって話をしてるんだよ。





・誰かトランプをどこかに連れて行ってくれない?どこでもいいけど、インターネットがないところに。





・多くのアメリカ人が歴史なんて気にしていない。だから多くの人がトランプに投票して、彼がホワイトハウスまでたとりついたんだよ。





・ジョージおじさん、残念だけど、この国は「何も学ばない」国なんだよ。





・ジョージ・タケイのインタビューがニュースになるなんて。この人は一体誰なの?





・ジョージ!みんなのために立ち上がって声をあげてくれてありがとう。





・彼の言ってることはとても理解できるよ。僕はこれからがとても心配だ。


SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK