590gu09gu09gu0g43u09gu34u


SPONSORED LINK 

概要


日本の医療制度は岐路に立っている


日本では、医療制度は空気と水のようなものです


保健省はウェブサイト上で、「世界のトップレベルの平均余命と健康管理基準を達成した」と述べています。


しかし1961年以来、日本の医療制度の基本的構造はほとんど変わっていません。


日本の制度の下では、誰もが国民健康保険に加入し、収入によって決定される保険料を支払う必要があります。


それと引き換えに、国民は医療費用の30%を支払います。保険料は長年にわたって上昇しましたが、医療サービスは手頃な価格でした。


コストは現在、日本の医療の弱点になっています。」と言います。


米国と比較して、普遍的な保険範囲が日本の医療制度の最大の利点です。


しかし、日本は米国から学ぶべきことがたくさんあり、特に優れた医師向け教育訓練システムは学ぶべきです。日本の医師は専門知識を持っていますが、全体的な医療の知識に欠けていると言われています。


■引用元
1


SPONSORED LINK 

海外の反応


・どこの健康保険制度も完璧ではないからね。





・日本に住むのは便利だよ。日本の保険制度は複雑じゃない。





・日本の問題はみんな病院に行きすぎることだと思うわ。





・日本の医療費はアメリカよりは安いけど、それでも収入に対しては高いよね。





・私が京都に住んでいた時に病気になった時に日本の医療システムはとても役に立ったわ。





・国の医療制度と平均寿命の関係はないと思う!





・医療制度は政府の国民への配慮を示しているよね。





・フランスにも同じ医療制度があるよ!





・デンマークは医療制度が手厚いけど、日本ほど平均寿命は長くないよ。





・人々が小さなことで病院に行くのをやめれば、この制度は持続可能だと思う。





・日本に住めてとても嬉しいよ!





・日本はカナダの制度を見習うべきだよ!類似点も多いし参考になると思う。





・メタボリックシンドロームの医療費が高すぎる。





・イタリアにも制度はあるけど問題だらけだ。





・日本が医療制度を保つことを期待するよ。



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK