43ug90u904gu9340ug9340u3409u


SPONSORED LINK 

概要


外国人労働者は留まるべきか、帰国するべきか


アメリカのトランプ新大統領による入国制限令で世界が揺れる中、今まで難民や移民を積極的に受け入れてこなかった日本は沈黙を貫いています。


2月1日、朝日新聞は元警察官長官である国松孝次氏にこの件についてインタビューを行いました。国松氏は1995年に当時警察庁が調査中であったオウム真理教の信者によって狙撃されたことで知られています。彼は退職後、3年間スイス領事館大使を務めました。そして大使として勤務中、彼は多文化社会がどのように機能しているのか観察することができたと言います。


このインタビューは主に日本の移民受け入れに対する国松氏の意見が中心となっています。彼は警察庁長官を務めていた際、外国人が日本に移り住むことに対して反対の立場を取っていました。しかしながらスイスでの滞在を経て、彼は今違った意見を持っていると言います。


「私は別に条件なしに移民を増やせと主張しているわけではありません。」

「日本がより多くの外国人にここに住むことを許可するならば、私たちは社会秩序を守るための適切なシステムを構築しなければなりません。」

「私が警察庁の長官を務めていた時は、メディアはいつもどれほど多くの外国人が逮捕されているのかということを報道していましたが、私自身外国人の犯罪率が特別高いと思ったことはありません。」


そして国松氏は、スイスの移民におけるアプローチの仕方に感銘を受けたと言います。スイス政府は語学レッスンや職業トレーニングに力を注いでいて、もし法を破ったら移民は国外追放されることとなっています。


「スイスの人口の四分の一は外国人なのです。」

「難民も多くいますが、彼らは特別だとは見られていません。」


そして国松氏は次のように述べます。

「根本的な原則は同化ではなく、統合にあるのです。」


移民達は彼らが持つものを明け渡すというより、むしろ経済的社会的に統合するよう奨励されているのです。

国松氏によると、移民という言葉は否定的な意味を持っているといいます。そのため、彼は日本に住む外国人を”生活者”として表すよう提案しています。


国松氏は人件費の安い海外からの労働者を獲得しようと多くの企業によって適用されている政府主導の研修制度に批判的な姿勢を取っています。その搾取的な性質だけでなく、国松氏によると3年から5年で国を離れる外国人を訓練するのは資源の無駄だと言います。


「これらの労働者は日本語を学ぶ気もなければ、社会に統合しようという意欲もありません。」

「結果としては、新しい短期の労働者が入って出ていく、終わらないサイクルが生み出されるのです。」


このような統合は望ましいことですが、今の政策は外国人労働者が日本に長期的に住みつくようにデザインされていないと国松氏は言います。


「もし外国人労働者を受け入れるなら、政府は彼らに日本人と同じ待遇を与えなければなりません。こうすることで能率的な人材を促進することができ、結果的に自然な経済競争へとつながるのです。」


今では外国人労働者でさえも、彼らの日本での賃金の安さに気づき始めています。



■引用元
1


SPONSORED LINK 

海外の反応


・自分は移民だけど、国松氏が言った「根本的な原則は同化ではなく統合」っていう言葉を皆が理解できれば、世界はきっとより良い場所になると思うよ。





・労働者不足が問題だから国松氏はこの移民問題に理解を示しているけど、2世代3世代の日系ブラジル人のことを思い出してみるべきだよ。彼らは労働者としてはもう必要とされなくなってしまったんだ。





・日本は離れるには美しすぎる場所だよ。どうか私たちを受け入れて、一緒に共存させてほしいな。平和と幸福の下でね。





・もうこれは遅すぎると思うな。門を閉じるものだから、人々はもう日本を離れ始めているよ。





・移民がちゃんと法とか規制に従っているならそのまま滞在させるべきだよ。





・外国人を積極的に受け入れていたからアメリカは良い国になったけど、今やトランプによって脅かされているよ。





・二重国籍は移民改革には欠かせないものだと思う。日本の市民権を与える一方で、彼らの元の国籍も尊重する。これは必要なことだと思うな。





・このような変化が進むのが遅すぎるよ日本は。もっと早くやらないと。





・日本はスイスじゃないんだ。スイスで上手く行っているからって日本でうまくいくとは限らないよ。





・日本で働きたいとか日本に住みたいとかいう人は多いけど、彼らの言語システムは日本語習得を難しくしているよ。あとよく訓練された労働者にとっては日本の労働時間は気に入らないだろうね。別の問題としては、日本人の外国人嫌いにあるかな。ここで言いたいのはとりあえず日本はスイスじゃないってことだよ。





・↑ 日本に住んでるけど今まで日本人に歓迎されてないって思ったことはないよ。みんな礼儀正しくていつでも助けてくれるんだ。





・↑ 僕も日本に住んでるけど、みんな丁寧だよ。郷に入っては郷に従えって言うように、外国人がその国に自分を適応させなきゃいけないんだ。その国が自分のために変わってくれることをくれぐれも期待しないことだね。





・今やロボットが労働力となっている時代だけど、これは外国人労働者の雇用を奪うだけでなく、国内全般の雇用をどんどん減らして日本人にも影響を与えているんだ。これによって経済は下り坂になるわけだけど、もうこれは現在実際に起こってしまっていることなんだよ。





・合法的に入国したものに対しては2年の労働ビザを与えて、その後帰国させるべきだよ。ほとんどの外国人は彼らの家族を支えるために働きに出てるから、永住権を取る気はないんだ。日本は規制が厳しいから、それ以上のものを求めるならアメリカとかオーストラリアに行くべきだね。





・↑ 最近だとアメリカもオーストラリアもそれほど移民や難民に対して寛容じゃなくなってきているよ。



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK