5830ug903ug940ug490gu9304u


SPONSORED LINK 

概要


100匹以上のキツネが見られる!日本のキツネ村


日本にあるキツネ村は、なんと異なる6種から成る100匹以上ものキツネの住処となっています。およそ6ユーロでこの野生動物と触れ合うことができるこのキツネのサファリパークでは、稀な種である黒キツネ白キツネを見ることもできます。


そしてここにはそのキツネ村で撮られた、キツネたちの可愛らしい写真がたくさん載せられています。


太陽の光で目をつむるキツネ、跳ね上がるキツネ、手作りの寝床で休むキツネ、スカンクのような容貌の黒キツネ、丸くなって寝ているキツネ、興味深そうに覗き込んでくるキツネ…


これらの写真を撮ったのは、自称キツネオタク、メキシコから来た研修中の英語教師Natasha Puenteさん。彼女は教員資格を取るため日本で研修を受けている間に宮城県にあるこのキツネ村を訪れました。


「キツネは私を導いてくれるような、そんな存在なんです。」

「私がもがいているときはいつでも、彼らは私の前に現れてくるんです。」

「私にはキツネのタトゥーがありますが、これからもっと入れる予定です。」


Natashaさんは先月日本を旅行し、TESOLの資格を取るため東京に訪れました。


「私はメキシコに住んでいます。」

「だから、日本にいるのは人生に一度の貴重な経験なんです。」

「そのため、キツネ村に訪れないわけにはいきませんでした。」

「宮城の白石に着くまで新幹線を2時間ほど乗りました。」

「入館料はたった8ドルで、スタッフの方々は英語で色々説明してくれました。」
 

「例えば、キツネ村の中でのルールについてです。キツネがもし近くに寄って来たら自分の方が優勢であるということを見せなければいけません。キツネが後ろから寄ってきて噛んでくる可能性があるので、しゃがんではいけません。縄張り意識の強い動物であるため、自分の荷物に注意を払っていないと、キツネがその上におしっこをする可能性があります。そして最も重要なのは、いかなる状況においてもキツネに手を触れてはいけないということです。


■引用元
1


SPONSORED LINK 

海外の反応


・日本の文化ではキツネは神の象徴でもあるんだ。長寿のシンボルでもあって、9本揃うまで100年ごとに新しい尾が生えると言われているんだ。





・日本ではキツネを食べる文化はあるのかな?個人的には犬よりもキツネを飼ってみたいな。





・美しいね…このキツネ村にいつか行けたらいいな!





・この村に引っ越したい!(笑)大好きなキツネに囲まれて夢のような生活がしてみたいよ!





・いま日本にいるけど、こんな村があるなんて知らなかったよ(泣)悲しいけど次回に持ち越しだな…





・なんてかわいいんだこのキツネたちは!!胸が苦しいよ。





・キツネは私の一番大好きな動物だよ!ここはまさに天国だね。





・このキツネたちが自分を呼んでいるのが聞こえるよ!!日本に行かなきゃ!





・次の行先はこのキツネ村だ!絶対に行くぞ!!





・今日本に引っ越す決意をしたよ。このキツネたちと住むんだ!





・かわいいキツネだね!写真だと笑っているように見えるよ。





・ここに行きたい!誰か連れてって!お願い!





・なんてかわいいんだ!日本行のチケット取らなきゃ!





・このキツネたちが愛おしすぎて思わず目がハートになっちゃうよ。





・ここはおそらくキツネだけじゃなくてキツネオタクも集まるところだね。



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK