894gy834g8u4g90u0934u930


SPONSORED LINK 

概要


■投稿者コメント
スタジオジブリの元フィルムメーカーである米林宏昌・西村義明の新作アニメ『メアリと魔女の花』がオーストラリアとニュージーランド(TBCにて)で公開されます。彼らが新しく立ち上げたスタジオポノックに注目です!



■引用元
1


SPONSORED LINK 

海外の反応


・音楽が信じられないくらい素晴らしい!鳥肌がたったよ。映像も、ディテールも、猫が顔を出すような場面の動きとかほんとに細かいところまで大好き。この紹介映像も本当によくできていて、もう全部大好き!!




・この映画の根幹にあるアイディアはスタジオジブリのものと同じだと思う、宮崎は関わってはいないけれどね。




・宮崎が退職してスタジオジブリが店を閉めた後もスタジオジブリの人々が映画作りを止めなかったのを知っている。米林宏昌さん、そしてこの映画作りに携わった元ジブリのスタッフの方々、ありがとう。素晴らしい映画の予感がする!




・ジブリは死なない、ジブリはポノックで新しいスタートを迎えたのだ。私の両親がこれを嫌いだとしても、私はわくわくしている!!




・スタジオジブリが終わるということにとても悲しんでいたけれど、このニュースはそんな私を元気づけてくれた。スタジオジブリは決して死なないし、スタジオポノックの中で生き続ける!




・この映画はスタジオジブリのものではないかもしれないが、ジブリらしさを持っている。2017年、楽しみになるものができた。スタジオポノックは新スタジオジブリかもしれない。確かめなくては!




・素晴らしい!アリエッティとマーニー、どちらも好きだから、注目しています。新しいスタジオで映画を作っていることは嬉しいけれど、ジブリから新しい才能が育たず宮崎の新作しか生み出せなくなってしまうことを心配しています。




・これはジブリではないけれど、ジブリの芸術を受け継いでいます。最近、ジブリのメンバーだった人たちが「シンドバッド」のような自分たちの作品を作っています。新しいフランス映画「レッドタートル」にもジブリの炎を少しだけ感じることができます。こういう映画が出てくることがとても嬉しい!そして、宮崎が新作を出すことも!!




・ジブリが休止アナウンスをしたのは、こういった類のアニメーションを作成するのがとても難しかったから。ではなぜ、ジブリにいたアニメーターが率いるこのスタジオは新作を作りたがっているのだろう??




・素晴らしい映画の予感がする。色とアニメーションはただただ最高!英語版が出ることを願っている。映画館で観たい!




・二つのスタジオで何が起こっているのかはわからないけれど、両方とも支持するし、この映画が待ち遠しい!




・昨年ジブリがプロデュースした「レッドタートル」「ロンジャ」よりもいい感じがする。スタジオポノックが助けに来てくれて、嬉しい。




・宮崎映画ではないけれど、この10年間のジブリ映画のどれよりも宮崎作品っぽい感じがする。




・今まで失望して泣いていたよ!明るい未来が少しだけ見えてきた!




・新作を少しみたところによるとスタジオポノックは新しいスタジオジブリかもしれない!今のところ全部大好きだし、すごく良い作品。




・アリエッティとマーニーが大好きだったから、この作品で米林宏昌がどんなことをするのか、すごく楽しみ。興奮するぜ!!




・たったの30秒だけだけど、なんてこった、音楽が最高だ。




・ついに!!2年半ジブリの新作を待っていたよ(実際はジブリではないけれど)。もしこれがうまくいったなら、スタジオポノックが新ジブリになると思う。




・魔女の宅急便、風の谷のナウシカ、ポニョ、借りぐらしのアリエッティ、ハウルの動く城、天空の城ラピュタのミックスみたい!いい! 




ポニョの宅急便?




・これは素晴らしいものになりそう!頑張って!!あなたたちに遺産を受け継いでいってほしい!




・この予告編を4時間前に見てから、もう10回は見てるよ。すごくワクワクしてる。



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK