2840ut09u90u290u2390utr2930


海外にはパッチワークという伝統的な布の補修文化が息づいており、時代物の品はとても高価な値段で取引されるらしいのですが、海外の方が日本のボロ布に注目して書いた記事が注目されていました


筆者は江戸時代に慣習的に行われた布の補修が日本人の「もったいない」という感覚を生んだと考察しています

SPONSORED LINK 

概要


伝統のボロ布の繕い


日本の伝統のボロ布は唯一無二の美しさです。家族の中でそれぞれの世代へと受け継がれる布たちの、あて布をして縫い合わせたところから、これまでの物語が伝わっれきます。


ボロ布は私のファッション界への対抗手段です。布の美しさは非永久性で不完全と見られがちですが、わびさびという考え方を広げることができると思います。


時間をかけてユニークなものを作り出すということは、衣類や布地とが美しく繋がることができることです。私のような初心者のおかしなな縫い目もよろよろとした縫い目もアートとなれば間違いも正しいもありません。


様々なボロ布に目を通しながら、私の修繕レパートリーに刺し子を取り入れてみたいと思いました。



ボロ布の歴史


美しさとは反対に、ボロ布は純粋につぎはぎにする必要があったため生まれました。18世紀から19世紀の綿はとても高価なもので、下級層は布地としては使いにくく、持ちが悪い手織りのものを使っていました。しかしあて布をしたり縫い合わせたりすることで強化され長持ちするようになります。江戸時代には下級層が派手な着物を身に着けることを禁止していた為、ほとんどが藍色か茶色になっています。


この時代にはボロ布は色々なものに使われました。着物から始まり、普段着や寝間着、布団カバーやカバンに使われ最終的に掃除用の布になります。もう完全に使えなくなるまで使われていました。


これは日本の「もったいない」という価値観が影響しています。


9340ug9034u9g0u90ug49g0u3490
 



刺繍の比較


刺し子は修復とボロ布を強化するために生まれましたが、布の値段が安くなるにつれて飾りの刺繍へ変化しました。1つ1つの修復作業は創造性にあふれた挑戦になります。縫う人達の許された時間と計画性と注意深さが現れます。



どんなものに刺繍を試すべき?


このようなアイテムや何にでもできます。

・ジーンズ

・スカート

・ドレス

・シャツ

・コート

・スカーフ

・バッグ

・布団カバー

・クッション

・ズック靴



何が必要?

・刺し子針

・刺し子糸

・ものさしと布用のマーカー

・両面粘着テープ


刺し子タイプ

・平行線

・十字線

・無秩序な線

・箱

・交差線

・伝統的な刺し子の縫い方

・長く短い縫い方


縫い方

・手元にあるものを使う。

・縫いたい模様を確認する。

・オリジナルのデザインを考える。

・楽しむ!間違うという概念はありません。

・糸が太すぎると感じたら二つに分ける。

・違う種類の布と糸を試してみる。

・糸の長さや別の方向を試してみる。

・空いたスペースでデザインのバランスを考えてみる。

・古い綿やシルクの糸を使うと、作品により味が出る。

・パッチワークをする際に、好きなように布地の形を変えてみる。

・気に入った布地や糸が見つからない場合は天然染料を使ってみる。


■引用元
 


SPONSORED LINK 

海外の反応


・私の弟はおばあちゃんが亡くなる前にあて布をしてくれたオーバーオールをまだ持っているわ。手縫いには愛があふれていると思うわ。





・字ぬんの子供たちに昔はよくしていたわ。膝の破れた部分の補修ではなくって、パッチワークで飾りをつけたりカラフルにしたりしていたわ。





・楽しそうだわ!私は自分の服に刺繍をしてしまいそう!





・時間があったら今すぐにでもしたいわ!とてもかわいい!





・すごく時間のかかりそうな作業だけど、かっこいいスタイルだね!





・写真を見てるだけでもすごく楽しいわ!





・私もできるようになりたいけど、手先がこんなに器用じゃないわ。





・美しいしとってもいいアイディアだわ!





・かわいい!週末時間のある時に試してみるわ!





・紹介してくれてありがとう。手芸+日本、二つとも私の大好きなものだわ!





・もったいないという概念から始まって、時代を経て手芸の模様になってるって素晴らしい歴史だね。





・お母さんが手縫いしてくれた上着を今でも持っているわ。娘が産まれたら着せるつもり。手縫いのものは温かさがあっていいよね。





・今までに聞いたことがなかったよ。素敵だね。





・もし教室があるならぜひ習いに行きたいわ!





・一度始めたらやめられなくなりそうだわ!布も模様も糸の質も色もいろいろ試してみてオリジナルのものを作りたいわ!



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK