289ygf82f8fu9023u2930uf0


SPONSORED LINK 

概要


高齢化と地域の伝統芸能


日本が高齢化し、農村が過疎に直面するにつれて、多くの文化的伝統が失われてつつあります。


岩手県の金ヶ崎は、数百年の歴史を持つ「鹿踊」を今年は開催を見送りました。主役である踊り手が腰痛を抱えており、彼の代役がいないのが原因です。


これは金ヶ崎に限った話ではなく、1月の調査によると20の県にある60ほどの伝統行事が人口減少や高齢化のために消えているとのことです。


国立文化財機構・東京文化財研究所の無形民俗文化財研究室長を務める久保田裕道氏は、地域の伝統行事の継承は地域社会全体の状態を反映していると語りました。「地域経済が低迷していると、民俗文化も衰退する」


伝統行事を生かし続けるという課題は、人口減少により厳しくなります。金ヶ崎の人口はわずか1万6000人で、2025年には1,300人減少し、高齢者が人口の3分の1を占めると予想されています


スマートフォン世代に鹿踊に興味を持ってもらうことは現状かなり厳しいと言わざるを得ません。タイミング的には若い世代への引き継ぎの時ですが、それが期待できないため年老いた

芸の受け手は自分たちの手で伝統を続けていこうとしています



■引用元
1 2


SPONSORED LINK 

海外の反応


・伝統は保護しなければならないよ。





・鹿踊!知ってるよ!





・地域が伝統行事の維持に取り組むことを祈るよ。





・伝統行事たちが日本の特異性を作り上げているのだ。頑張れ日本!





・若者が協力して地域の伝統を維持しているところもあるよ!





・若者は学ぶことに対して怠けてるんじゃないのかな





・外国人が参加できるツアーを行っている会社はないの?みんな興味があると思うけどなあ。





・学校で教えることにしたらいいんじゃない?





・伝統行事が衰退しませんように祈っています





・悲しいことだね・・・僕が参加できればいいのだけれど





・花巻市では、未だにお祭りで鹿踊をしているよ。地元の人々も、子供達に興味を持ってもらうように努力している。





・悲しいかな、伝統は過去になり、思い出になっていくのだ。





・祭りに参加することはとても楽しいよ。





・悲しいけど、これが事実かな。





・僕も見に行きたいよ。それまでに続いていればいいけど・・・



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK