9405gu930ug0939g04i9g0g94


SPONSORED LINK 

概要


どのようにして日本の子供達は自立していくのか?


日本の子供たちは、世界の他の子供たちとは違います。


彼らは若い時に自立することを教えられます。7歳の子供が電車に1人で乗っているのは変わった光景ではありません。こんなこと考えられないかもしれませんが、こうして日本の子供たちは自立していくのです。


日本の子供の自立

両親は、学校への通学や遠足は、子供たちを自立させるための第一歩であると信じています。多くの日本の子供たちは、2,3歳で簡単なお手伝いをし始めます。掃除やゴミの片付けなどの家庭のお手伝いです。


学校では昼食を自分たちで準備し、掃除もします。このようにして、子供達は公共空間における責任を理解するのです。


子供の自立の理由

まず、集団における信頼を学びます。子供たちは集団内で必要がある人を助けることが理想的であり、重要であることを学びます。


また、国が安全であることです。日本は世界でも犯罪率の低い国です。これにより、両親は子供を一人で外に出せるのです。


はじめてのおつかい

日本には、「はじめてのおつかい」というテレビ番組があります。この番組では、2、3歳の子供たちが、おつかいに行く様子を隠しカメラで撮影しています。


子供たちの自立を助けるのに大きな役割を果たしているのは、地域の人々です。親は地域の人々に大きな信頼を置いています。


地域の人々は一人で歩いている子供を見て、警察に電話するのではなく、助けてあげます。子供の頃にこのような経験があると、自信がつきます。


これにより、子供たちは小さい頃からお手伝いをし、将来的にはより困難なことにも対処することができるのです。


彼らは成長し、自分の子供たちにも自立を教えます。このようなサイクルになっているのです。


■引用元
1 2


SPONSORED LINK 

海外の反応


・これは本当ね。日本のこういうところが好きだわ。





・日本は本当に安全な国だと思うわ。





・面白いね。僕も7歳の時は一人で歩いて学校に行ってたよ。





・自立を学ぶのは日本の子供達だけではないはずだけどね。





・9歳の息子の学校の送り迎えをまだしているわ。でも、フィリピンは日本ほど安全じゃないから。





・これは僕が子供の頃に教えてもらったことと一緒だよ。僕は日本人じゃないけどね。ありがとうパパ、ママ。





・いい話だね。まだ日本には行ったことがないけど、ぜひ行きたいね。





・ドイツやオーストリアでも同じような光景を見ることができるよ。





・3ヶ月間日本にいたけど、これは本当の話だね。





・日本と同じくらい安全な国ならどこでもそうするさ!





・これって本当の話なの?





・僕は日本がしていることは自立ではなく社会への適合だと思うけどね。





・私は日本のこういう文化が大好きよ!





・僕が子供だった頃、両親はもっと僕たちに責任をおわしてくれていたと思う。





・治安が良い日本だからこそできることだね。



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK