85yg8y589y893r89hbhuhuhfsohfofsoi


SPONSORED LINK 

概要


イエズス会のフランソワ・ソリエーによると、弥助というかつて奴隷だった男が初の外国人侍であるという。彼の著書で、1627年に書かれた「日本協会史」には、ソリエーは弥助がモザンビーク出身のイスラム教徒であったと記している。


出自に関しての可能性は他にもあり、ポルトガル、アンゴラやエチオピアなどの説もある。中には富裕層のインド人のため、アフリカ人の傭兵をしていたという説を唱える者もある。


最近では、2013年に放映されたテレビ番組で、弥助はマクワ族だったとされたが確固たる証拠は提出されなかった。


ソリエーによると、弥助が最初に日本に足を踏み入れたのは1579年になるといい、イタリア人宣教師アレッサンドロ・ヴァリニャーノに奴隷として同行していた。その牧師はインド諸国(東アフリカ、南及び東アジア)に客人(視察)として宣教師の任務を課せられていたという。


1581年3月、ヴァリニャーノが都市地域を訪れた際、弥助はそれに同行し、ある事件に巻き込まれた。


地元民は彼を見るとひどく興奮した。より近くで見たいと騒ぎ立て、それは死傷者が出るほどの騒ぎになったという。宣教師と奴隷は無傷で生き延びた。


近くの寺院の訪れていた信長という将軍は騒ぎを聞き付けた。彼自身黒人というものに興味を持ち、彼を招待した。個人的に奴隷と顔を合わせた将軍は最初、その黒い肌はインクで色を塗っているのではないかと疑った。書籍によれば、信長は腰から上の衣服を脱ぎ、肌を擦ってみせるように指示をしたという。


最終的に男の肌は確かに黒いのだと納得した信長は、次第に彼に愛着を持つようになる。その直後、弥助は信長に召し抱えられることとなった。彼について書かれた書籍には、弥助は態度の良い、健康的な見た目麗しい男だったと書かれている。記録書には後に、彼を6尺2寸(6フィート2インチ、または188cm)ほどの背丈だったと記されている。


彼は1581年5月に信長とともに安土にある城に上がった。その時に「弥助」という名を賜ったのだ。信長が弥助との会話を楽しんだというところから、弥助は日本語を話せたとされている。


彼はまた、武器を運ぶ役としても任務を任せられていた。


1582年6月の明智光秀の謀叛で信長は、京都の本能寺にて「切腹」と呼ばれる自害をすることとなった。


弥助はその際、本能寺で明智軍と戦っている。


信長の死後、弥助は二条城で軍を集めていた信長の後継者織田信忠の下へ向かった。


弥助はそこで信忠のために長く戦い続けた。しかしある日、明智軍の男によって刀を明け渡すように強制される。


明智は彼を殺さないとし、「黒人は獣で何も知らなかったのだ」と言った。明智はその代わりイエズス会の教会に送るよう命令した。


黒人が当時、日本の寺院で祀られた仏像は黒く彩られていることから、日本で差別的な目でなく尊敬の対象として見られていたというのは価値のあることだ。


この後、弥助がどう過ごしたのかは定かではない。しかしながら、彼にまつわる興味深い話は今日までも日本で語り継がれている。


もしかしたらいつか、マット・デーモンが彼を演じ、ハリウッドでヒット作を生み出すかもしれない。それは誰にも分からない。


■引用元
 


SPONSORED LINK 

海外の反応


・映画化して!お願い!




・このことに関して詳しく知ってる人がいたら教えて!これについて数年前調べたんだけど、彼はあくまで奴隷で、侍だったって部分はあとから歴史家によって付け足されたみたいなことが書かれてたんだけど、本当のことが知りたいの。




・うーん、このトピックはちょっと違うと思うな。弥助の前にも黒人はいたよ。




・弥助のこの話好き!




・ただの奴隷の物語で終わるんじゃなくて、映画とかになったらどれだけいいだろう。




・黒人の子が日本で侍として生活したなんて、素敵!笑顔になれるお話ね。




・これとってもかっこいい!私モザンビーク出身なの!




・こんな素晴らしい歴史があったなんて知らなかった。




・彼についての児童書もあるんだよ。




・まるでハリウッドのためにできたようなお話ね!




・彼は織田信長と、あとその息子にも仕えたはずだよ。




・ポッドキャストでちゃんと聞きたい!




・これについてもう何年も前に読んだことがあったけど、何回見ても魅力的な話だよね。




・彼はほんと、伝説ね。




・私の家族にも見せてあげたい!きっと叫んじゃうぐらい喜ぶわ。黒人と日本人はずっと仲良くやってきたんだってね。



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK