iorhebogijreogiroigre


トランプ大統領による日本への通貨切り下げ要求が海外でも反響を呼んでいます

海外の反応は非難もあれば、徐々に「こいつ上手くやってくれるんじゃないか」という期待感のあるコメントもありました 



SPONSORED LINK 

概要


米国大統領ドナルド・トランプ氏は火曜日、中国をターゲットにするだけでなく、長く同盟国としてやってきた日本に対して、通貨の切り下げを利用しているとし、批判した。


強硬派の大統領は、彼は通貨誘導として、世界でも2番目、3番目に大きな経済になるだろうと見なしている。


「中国が何をしているか見てみろ。ここ数年に渡って日本がしてきたことを見てみろ。金融市場で遊んで、通貨の切り下げで遊んで、我々は何もできず出し抜かれているのだ。」


――火曜日ホワイトハウスにて行われた製薬会社の取締役との会議の際、トランプ氏は世界的な金融市場に関してそう発言した。


トランプ氏が大統領選で勝ち抜いてから、前不動産王は未だ中国を通貨操作を行っている国だとはしていない。中国は、北京は元の通貨切り下げを行うことで輸出や貿易黒字を刺激するつもりはないとした。


最近のトランプ氏の中国の元に関する発言ほどのものは、大統領就任以来初めてである。トランプ氏のこの発言が取り上げられてから、水曜日日本時間午後2時までで、米ドルは日本円に対し、急激に弱まりを見せているという。


「ドルー円の為替レートは常に動く。日本が操作しているわけではない。」日本経済新聞はトランプ氏の発言を受けて、日本の財務官・浅川雅嗣氏の言葉を引用した。


「日本の金融政策はデフレーションを避けるために施された、国家内に対する政策である。」更にそう付け足した。


日本の内閣官房長官・菅義偉氏も同じスタンスで、外貨の為替レートは市場によって決定されるべきであるとした。


トランプ氏はホワイトハウスにて日本国首相・安倍晋三氏と顔合わせをする予定になっている。トランプ氏の勝利後の顔合わせは2度目になり、トランプ氏のこの発言は米ドルと日本円の為替レートに関しての議題が中に組み込まれることが予想されている。


■引用元
1 2


SPONSORED LINK 

海外の反応


・同盟国とはちゃんと付き合って行かなきゃ…。たとえ発言が正しかったとしても、もっとちょっと付き合える良い方法があるはずなんだけどなあ。




・アメリカってなんでいつも中国通貨のことを気にするの?中国がどう政策を取ろうが、気にするだけ無駄じゃない?




・日本だってこの金融政策、もう何十年に渡ってやってるから今に始まったことじゃないんだけどなあ。




・トランプ大統領が色んな国と良い関係を築いてくれるのを期待してるよ。




・アメリカが一番通貨操作してるんじゃないか。




・チャンスを!チャンスを!チャンスを!




・ちょっと急ぎ過ぎてるような気がするなあ。戦争だけは起こさないでくれよ。




・うーん、何も知らないまま自分が何をしても許されるって思っている感じだね。本当は何でもないのに。




・トランプ大統領って何も怖がらないんだね!神様が助けてくれるさ。




・なんでアメリカ人はトランプ大統領に投票したんだろう。




・私はトランプ大統領を支持するわ。




・ちょっと頭が可笑しくなっちゃってるのかも…。




・日本!私たちは同じ船に乗ったも同然だからね!




・トランプ大統領は素晴らしい人だよ。悪者は近付くことすら許されないさ。




・一体それだけの国と喧嘩したいんだろう、この人…。



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK