490u099409090


日本のマヨネーズがアメリカで売れる理由を考察した記事が話題なっていました

海外コメントはマヨへの愛が綴られています

SPONSORED LINK 

概要


なぜ日本のマヨネーズはアメリカで成功したのか


日本人はマヨネーズをいろいろなものにかけます。焼きそば、から揚げ、お好み焼き、エビフライ、お寿司やサラダなどです。


なぜ日本人がマヨネーズに対してこんなに寛容なのかというと、日本のマヨネーズは優れているからです。アメリカ製のものに比べて日本製は柔らかく、なめらかで、日本特有の風味があります。


日本でマヨネーズといえば、一般的にはキューピーのマヨネーズのことです。包装は、赤い帽子のような蓋が付いていて、洋ナシ型の柔らかい半透明のプラスチックボトルです。


デザイン最小限でマヨネーズの淡い黄色のクリームを隠すようなラベルはありません。その愛らしいベビーマスコットは、ローズ・オニールの1909年の漫画から誕生しました。そのキャラクターの商標は現在、キューピー社が所有していますが、コピー品がたくさん出回っています。


キューピーマヨネーズの味は卵が決め手です。Q&B Foodsのテリー・ダンセイスは、卵黄だけが使用されていると言います。これにより綺麗なクリーム色の、濃厚でリッチな味わいになります。また日本のキューピーマヨネーズは、赤ワインと米酢を独自のバランスで調合しています。また、化学調味料も含まれています。


これまで、アメリカで販売されているキューピーマヨネーズはすべて、日本から輸入していました。


しかし、キューピー社は2017年にはアメリカ向けの製品の製造を開始する予定です。アメリカ向けのマヨネーズでは化学調味料は使用しない予定ですが、レシピは変わらないそうです。 FDA(アメリカ食品医薬品局)が要求する栄養成分を表示するためにはラベルが必要となるため、包装も変更されます。


私はアメリカのキューピーマヨネーズを試してみましたが、日本版の90%くらいの出来でした。濃厚さが減り、より甘くなり、酢の風味が強くなりました。


この2つマヨネーズの違いは、米国とメキシコのコカ・コーラのようなものです。違うと思うから違うのであって、ほとんど同じなのです。



■引用元
1 2


SPONSORED LINK 

海外の反応


・僕はなんにでもマヨネーズをかけるよ。



・これは本当に美味しかったけど、正直、ポーランドの方が安いし味はそんなに変わらない。



・マヨネーズは自分ん家で作るのが一番じゃない?



・僕はマヨネーズ自体が嫌いなんだよね。



・私は大好きよ!マヨネーズ!



・私キューピーマヨネーズ大好き!



・僕はなんにでもかけるのは好きじゃないなあ。



・中国でもサラダにマヨネーズがかかってたんだ!あれはやめてほしいね。



・日本でマヨネーズが大好きな人たちはマヨラーって呼ばれてるらしいぜ。


・キューピーは万能調味料だよ
 



・タイでキューピーマヨネーズをみたことあるけどまだ試したことはないんだ。



・アメリカではみたことないなあ。



・スパゲッティー+キューピーマヨネーズ+たらこ+刻み海苔って組み合わせは美味しいから食べてみて!



・日本のマヨネーズはアメリカ人が思っているよりも薄いんだよ!



・ピザにキューピーマヨネーズは美味しいけど健康に悪いかもね。。。



・僕はね、一個ガレージに隠してるんだ。



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK