dvnosinvonvonovnovi


アメリカから最新鋭の戦闘機が日本に配備されるらしいです


戦力増強=戦争ではないのですが、やはりネガティブなコメントが多くついていました


SPONSORED LINK 

概要


アメリカ海兵隊F-35、太平洋の防衛のために日本に拠点を置く。


F-35統合打撃戦闘機、アメリカ歴史上の最も高価な兵器は、太平洋防衛のために日本に配備される予定です。


アメリカ海兵隊F-35の最初の16機は、戦闘機として海外配置の為、月曜にアリゾナを出ました。


戦闘機は米軍岩国基地へ向かっており、岩国は日本の本州にある広島県からそんなに離れていません。


第3海兵遠征軍のキャロライン・フット氏は104億ものジェット機を岩国へ送ることは「日本に最も有能で最新の装備を送ることは日本とアメリカの公約だ」とCNNへメールで答えました。


「これは連合軍が数々の任務を所有しているときの柔軟性と、前例のない事態への空・陸の攻撃の対応が可能になる基盤になる。」とフット氏は話しました。


海兵隊は多能なF-35を「真の戦力多重増強院員」だと呼びます。


「ステルス性の戦闘機で、最先端のレーダーに、センサー技術、電子戦システムのすべてが第5世代ジェット戦闘機の致死性を可能にしている。


現代の爆撃機や悪天候などのすべての環境の脅威からもプラットフォームをサポートできる」と海軍の報告がありました。


F-35の単発エンジンは3種類あります。バージョンAはアメリカ空軍用、バージョンBは海軍、Cバージョンは海軍の航空隊の一部になる予定です。


F-35は世界中の同盟国へ売られ、また同盟国も生産過程に加わっており、日本には第一機が12月に到着しました。



■引用元
1 2


SPONSORED LINK 

海外の反応


・アメリカは平和を語りながら、同時に戦争を促進している。このままほかの国を軍隊を使って圧迫するのであれば、今にでも誰も勝てない戦争が始まると思うよ。



・私はアメリカ以外の国を信じないわ。日本はこの戦闘機を他国に売ることだってできるし、アメリカに対抗することもできるじゃない。



・数兆ドルものお金をかけて、飛ばすのがまだ不安定な戦闘機を作って、それが日本に送られたってこと?



・↑ その数兆ドルの税金で、政府は20年先のオバマケアが支払えたのにね。



・日本に送ったらこの戦闘機が戦闘服に変えられるんじゃない?笑!日本人はそれぐらいできる頭脳を持っていることみんな知ってるでしょ。



・この戦闘機はアメリカを守るために使われるべきだよ。日本はちゃんとお金を払って買ってるの?



・これがテロリストと戦う戦闘機になってくれたらいいね。



・アメリカは莫大な税金を暴力に使って、それを終わらせるのにはお金を全く使わない…悲しいね。



・第3次世界大戦にむけて準備を進めているみたいだね。



・ほんとの話?CNNの嘘のニュースを流してるんじゃない?



・税金の無駄遣いだよ。



・中国が戦争したいみたいだし、日本はこれぐらいの戦闘機がきっと必要だろうね。



・アジアの中で一番いい戦闘機だろうね。



・美しいおもちゃ(戦闘機)だね!



・戦争もうやめようよ。



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK