39gu9304ig3ig-0ig3-0gi


トヨタの最高級車センチュリーが海外で紹介され、話題になっていました


SPONSORED LINK 

概要


トヨタ センチュリー:高級セダンの乗りごごち


トヨタ・センチュリーは日本の自動車メーカーのフラッグシップモデルで、ベースであるレクサスLSのスロットを上回っています。トヨタが提供できる最高の技術と伝統的なデザインを組み合わせた驚きの自動車です。


そして、その広大なボンネットの下には大きな5.0リットルのV12エンジンを隠し持っています。トヨタだけがこのエンジンを持っており、単一のモデルにパワープラントを捧げること自体がステータスです。


派手なヨーロッパのライバルとは異なり、センチュリーは控えめな贅沢を武器としています。トヨタは1967年以来2度しかモデルチェンジを行っていません。実際、初代センチュリーは30年間同じ形で販売されていたのです!


大きなサイズのため、中に入るのは簡単でした。キャビンでは、エレガントで深い漆塗り仕上げのウッドパネルが特徴的な、低くて広いダッシュボードが出迎えてくれました。ウールのような素材が座席と内側のドアパネルを覆っていました。


我々はエンジンをかけ、276hpのV12を発射するときのような大きな騒音を予想していましたが、驚くほど静かで、実際にエンジンが作動したことは確認しなければならないほどでした。

igj940gu9340g940gu9ug934
 


クイックドライブのために、お台場にあるトヨタのメガウェブの外にある短いルートを回りました。タイトなコースと厳しいスピード制限では、ハイスピードが問題になりませんでした。


ステアリングも同様に簡単でした。センチュリーの運転の感覚は、磨かれた伝統的な外観に沿っていました。

コーナーで少しスピードを上げた時、穏やかにそして力強くに動き、車の動きを感じることはありませんでした。


試乗の後、センチュリーの良い印象はより強くなりました。トレンドを気にせず、最も快適で堂々たる乗り心地を乗客に提供したいという印象を受けました。この点で、こんなに優れている車はほとんどありません。



■引用元
1 2


SPONSORED LINK 

海外の反応


・日本で一番高い車の一つだね。



・V12エンジンの素晴らしさよ!



・レクサスLSシリーズより高いんだね。



・ロールスロイスの日本版だね。



・皇室の車だ。



・渋滞の中で走るにはもったいない車だよ。



・お金持ちになったら買いたいなあ。



・かっこいいね!



・これっていくらするの?調べても出てこないよ。



・↑ 君がお金持ちにならないと買えないような値段さ。



・高級セダンにV12エンジンってどうなんだろう?



・日本の天皇様が使っている車だね。



・これどんだけ高いの?



・本物の日本の高級なセダンだね。



・僕が大人になったら欲しいな・・・



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK