5380g903ug9340ug9340ug9340gu9


しりとりが日本語を覚えるのに効率的だと海外に紹介され、話題を呼んでいました


SPONSORED LINK 

概要


「しりとり」日本語の単語を練習するのに最適なゲーム


日本人なら誰でも知っているゲームです。機器などは必要なく、いつでもどこでもすることができます。


必要なのは少なくとも2人のプレイヤー、そしてたくさんの言葉です。

しりとりは、「尻を取る」というフレーズから派生したゲームの名前です。


ゲームの遊び方:

まず、最初のプレイヤーが単語を言います。その単語の最後の文字が、次のプレイヤーによって新しい単語の最初に使われます。


ゲームはだいたい、「しりとり」という言葉で始まります。ということは、次の単語は「り」で始まらなければなりません。次によく来る単語は「りんご」です。次の単語は「ご」で始まります。


しりとりは誰かが 「ん」の音で終わる単語を言うまで永遠に続けることができます。「ん」から始まる日本語の単語はないので、次の単語を言うことができません。


最後に「ん」がついた人が負けです。


最後の音が何で終わったかについては少しあやふやなところもあります。大体は、単語の最後の文字または文字の組み合わせになります。


つまり、伸ばし棒で終わる単語の場合は、伸ばし棒の前の単語が使われます。したがって、「ストロー」に続く単語は、「お」ではなく「ろ」で始まります。


もう一つは、「じてんしゃ」のように小さな文字で終わるときです。「ゃ」を大きい「や」に変えて次の言葉に使うこともできますが、「しゃ」を使うことが多いです。


同じ単語を一度しか使えないというルールや、「き」「か」「が」などの1文字の単語を禁止するというルールを上級者には付け加えることがあります。


また、名詞のみを使用するというルールや、言葉を付け加えることを禁止するルールがあります。これは、間違った単語を言ったときに、「~だ」を付け加えないようにするためです。例えば、「メロン」は簡単に「メロンだ」に変えることができます。


しりとりに関して約60名の大学生に、しりとりの最初の10単語を書くという実験を行いました。指示はそれだけです。


そこで、私はしりとりにいくつかのパターンがあることがわかりました。
 

彼らの4分の1以上が2番目に「りす」を選びました。そして57%以上は「りんご」を選びました。その後は、「ゴリラ」→「らっぱ」→「パンツ」と続きました。全体の27%以上がこの順番で選んだのです。


その後の3単語は「つみき」→「きつね」→「ねこ」と続きました。


その後、は「コアラ」か「こま」に分かれ、最後の単語はバラバラでした。

この実験で、「しりとり」では具体的な意味を持つ簡単な名詞が多く使われることがわかりました。


最後に、しりとりをするときに一番大事なルールは、楽しむこと、そして気をつけること!


なぜなら、ゲームの終わりはとつぜ「ん」!!!



■引用元
1 2


SPONSORED LINK 

海外の反応


・このゲームいっぱいやったわ!でも、しりとりの後に思いつくのはいつも「リン」なの。変な人よね。



・日本人の子供とこのゲームで遊んだわ。



・りんご!



・↑ ゴジラ!!!



・子供と一緒にしりとりで遊んでみるよ!



・誰か一緒にやろうよ!



・ランチの時間にやってみよう。



・面白いね!



・これ僕の教科書にのってるよ!



・旅行の移動中にぴったりかも!



・これ、しりとりの方法が書いてあるから読んだら一緒にしようね!



・英語と日本語両方使うと勉強にもなるし面白いよ!



・漢字を使って遊ぶことはできないのかしら?



・この遊びいいね。



・私は下手くそだけど、私たちのお気に入りのゲームよ。



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK