27yfy23d89y38d839uddj

ここ数年日本のウィスキーが北米で高評価を受けています

日本酒文化の日本でどのようにウィスキー産業が始まったのか、その歴史を説明した記事が海外で反響をよんでいました

海外コメントは日本のウィスキーへの賞賛コメントが多かったです

概要

日本のウイスキーは、かつてはスコットランド産により締め出されていると考えられていましたが、2年前有名なスピリッツのライターであるジム・マレーが、山崎のシングルモルト2013を彼のウイスキーバイブルで世界一とした後に大きく変わりました。
 

“これはスコットランドが創作的あるいは革新的でないことへの警鐘でした。”と、ワシントンD.Cで最大級のウイスキーコレクションを所有するジャックロ―ズダイニングサロンのオーナー、ビル・トーマスは言っています。

そのコレクションの中には、日本の有名ブランドである、サントリー、ニッカ等、アメリカに輸出されているものも含まれています。“今、日本のウイスキーは日の目を見る番だ。”と、彼は付け加えています。
 

日本のウィスキーは大麦麦芽を発酵および蒸留しオーク樽で寝かせるというスコットランドの蒸留方法を基本にしていますが、日本は長年の伝統の上に、継続的な改善を重ね独自のアプローチを開発しました。

日本初のウイスキーは、澄んだ水で有名な地域である京都市外の山崎蒸溜所で1924年に製造されました。それは、鳥井信治郎と竹鶴政孝の二人による産物でした。

竹鶴は代々日本酒醸造の出で、家業を継承する目的で化学を勉強していましたが、彼の雇用主である日本の酒造メーカーがウイスキーの伝統を習得させるためスコットランドに彼を送りました。

彼はグラスゴー大学で学び、いくつかの蒸留所の実習を修了し1920年に日本に戻ったのですが、日本に帰って来た時には彼の勤め先ではウイスキー製造が重要視されなくなっており、ウィスキー製造計画は中止となっていました

ここで偶然にも、鳥井信治郎に出会いウィスキー蒸留所計画が始まったのです

鳥井は小さなインポートワインショップをコトブキヤ(現サントリー)という会社に拡大した起業家の先見の明がありました。

日本人の味覚にあわせたワインの販売による成功は、ウイスキー作りにも自信を与えたのです。

これは、当時、特に日本酒に独占されていたアルコール市場において野心的な賭けだったのでした



■引用元
1 2


SPONSORED LINK 

海外の反応


・サントリー白州は僕のお気に入り、二度ほど醸造所に訪問したし、いつも白州もとめて旅していて。サントリーの素晴らしい酒に乾杯!



・ためしたうちの最高の一本。ウイスキー特有の煙っぽさがないしね。



・教えてあげるよ。日本のウイスキーは何か特別だよ。僕はオフィスに何か大切なときのためにボトル二本を取ってあるよ。



・みんなー!僕に日本のウイスキーを!



・ウイスキープロとして、日本のウイスキー試したことある?もし日本にいくなら、一本もって帰ってきてあげる!



・ほとんどの日本のウイスキーがスコットランドから醸造されて輸出されているよ。日本はほとんどのスコットランドの醸造所をもってるんだ。



・味見しなきゃ!



・悪いけど、私はスコティッシュよ


・スコットランド人として、いいスコティッシュモルト、アイル・オブ・ジュラにはかなわないわ

 

・響、マスターリザーブを一本手に入れたことがあるよ、すばらしいウイスキーで香りの広がりに幸福感を感じたよ



・私たちの"図書館”にも追加しないとね!



・ニッカのシングルカスク1991botteling with 64.8%を7年前に飲んだよ。ユニークで極上の味、すばらしい香りが翌日の空になったグラスから漂っていたよ。



・興味ぶかい話だった



・今まで試して持っている中で絶対的に最高のうちのひとつさ。



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK