_93262202_rtr1opt1


日本で銃犯罪が少ない理由を海外メディアが分析していました

概要

日本での銃犯罪はどうしてほぼ根絶の状態なのか

日本は世界で銃犯罪率が最も低い国だ。

2014年の国内での銃による死亡件数は6件だが、アメリカは33599件だった。これには何が隠されているのだろうか。


日本で銃を所持するのには忍耐強さと決心が必要だ。丸一日講義を受けた後に筆記試験、実技試験がある。また精神面の診断と薬物検査もあり、犯罪履歴や暴力団との関係がないかなど確認され、家族構成や会社の同僚までも調べられる。

でもこれがすべてではない。

拳銃の所持は禁止されているので、ライフルかショットガンのみの所持が許されていて、銃を取り扱う店の数も法で定められている。

警察へどのように銃を保管しているかも報告しないといけない上に、一年に一度警察が調査に訪れる。三年が経過するとライセンス期間が切れ、その際にはまた講座と試験を受ける必要がある。
 

このようなことから、日本での銃乱射事件はとても稀なのである。
 

日本の警察官が銃を使うことはまれで、武術を重要視している-柔道で黒帯に上がることを求められる。銃の操作よりも剣道の練習に時間を費やす。

「暴力を鎮める為の対応は決して暴力でない。2015年に日本で銃が使用された回数は6回のみだった」とジャーナリストのアントニー・ベルト-は言った。「日本の警官が主にしていることは、暴れたり泥酔している人をブリトーの様に布団でくるんで駅まで運び落ち着かせることだ。」

日本人が銃必要だと感じていいないことが素晴らしいといわれていますが、暴力団組織は特殊なルートを使って銃を入手している。

「犯罪者はマグロの中に銃を詰め込んで冷凍マグロに見せかけていた」と元警察官の小川泰平氏は言った。

「でも私たちはどこでその詰め込み作業がされているかを突き止めた。」



■引用元
1


SPONSORED LINK 

海外の反応


・日本の子供たちが学校でどう振舞っているか見てみて。日本はほんとにおかしな国だけど素晴らしい社会だよ。



・悪い人たちもそのルールに従っているの?




・わぉ!



・残念ながらアメリカ人は、自分を守るためには33599件の銃による死亡件数は仕方がないと考えている。また日本での暴力犯罪はアメリカに比べるとかなり多いと主張するだろう(なぜなら銃を使った殺人はアメリカでは明らかに暴力犯罪ではないから)



・そしてここでこの話をしている間にもフロリダの空港で9人が射殺されたよ。ほんとにこの銃刀法はうまくいってるね。



・どうして忍者は銃を使わないの?プシュー



・殺される前に打たないとね。



・アメリカの社会と人々には欠点がある。子供の時にしっかりとした道徳教育が行われていないからこうなるんだ。



・刀のほうがいいね!



・ヤクザは銃を使わないんだね。。。オッケー。



・だって命は大事だもんね。



・日本で武装するということはTシャツを着てもいいってことだね。自殺率はあまり詳しく見ないほうがいいね。



・僕は刀と忍者パワーは銃に置き換えられたと思うよ。



・日本では銃を使わないね。代わりに刃物やほかの武器を使う。イギリスの銃犯罪率は下がったけど、ほかの犯罪も増加し比率も増えてきている。これでは命が守られていない。。。ただ人々が違う形で命を落としている。



・銃を取り上げても人々は違う方法で殺しあう。合法の銃であっても、どれだけの銃が犯罪に使われてきた?



SPONSORED LINK 


SPONSORED LINK